あごが上がると危ないんです!!

P1010533

以前にも登場した猫背君ですが、ちょうど信号を見上げている時はこんな状態になってたんだと思います。

先日、自転車での帰宅途中で信号機を見上げながら、道にある段差を乗り越えてしまい、ガタッとなった時に首も衝撃を受けて、ズレ感が残ってしまいました。 その後一生懸命矯正体操などで元に戻りましたが、ヒヤッとしました。

ボクシングでもあごが上がった時にパンチを受けてダウン!などと言う場面を見たことがあると思います。

これはやってみると分かりますが、首を前に曲げて力を入れるとグッと力が入り安定を感じますが、頭を後ろに倒すと、力の入れようが無く安定もしません。

ここで、写真の猫背君を見てください。

あごが上がってますよね~

明らかに頭も前に突出しているので、首の後ろに丸みがあります。
これは頭の重さを背中の筋肉や首回りの筋肉で支える為にこうならざるを得ないのです。

(ご自分の背中の上の部分を触ってみてください)

如何ですか?

丸みは大丈夫ですか?
ご自分のPCに向かう時の姿勢時にこうなっていませんか?

そうです、この顎が上がるという状態は、たまたまの姿勢だけではなく、猫背からも作られる姿勢なのです。

私の様に何かの衝撃が加わった時に安定していない、と言うだけではなく不必要な筋肉の緊張は脳への血流阻害で働き自体が悪くなるだけではなく、脳梗塞、くも膜下出血、アルツハイマー、視力障害、など頭に起こる怖い病気の原因になりかねません。

もちろん日々の肩こり、首こり、頭痛の原因もこれがほとんどですよ。

以前、SEの方が、「何で職場に、くも膜下出血の人が多いのか分かったよ」と言われましたが、怖いですよね。

私たちは重力の中で暮らしています。
重さのバランスが狂うとは、それを支えるどこかの筋肉に余計な緊張を作るという事なのです。

そして、疲れる⇒モモの外側の筋肉の緊張⇒猫背⇒あごが上がる、という図式もありますから、疲れていると文字どうりあごが上がるんです。

そして、それを修正する方法は原因である大きく強い筋肉から根本的に解決させなければ、どれも一過的な対処療法に過ぎないのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中