階段を上る時に膝が痛い。

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e6%98%87%e3%82%8a

階段を上る時に膝が痛い、と言う訴えをよく耳にします。

当院の建物の階段が正面にありますので、そういう時は実際に昇っていただきます。

殆どの場合は、「あ~!」・・・・
「あ~」に続くのは、「それじゃ~痛いですよね」と言う言葉です。

本当に痛くなりそうに上がってらっしゃるんです。

きちんとご指導申し上げないと混乱が有るといけないので、ここでは詳しく説明できませんが、ようは股関節の仕事を膝関節にさせているという事なんです。

これには、きちんと正座から立ち上がる時、座る時の動作の練習からご説明しております。
階段の昇降はこれの延長だからです。

そして、これらの根本的な原因は筋肉のアンバランスが一番影響が大きいのです。

得意な筋肉は良く使うためにさらに強くなり、弱い筋肉は使われないからますます弱くなる。
これが日常動作で繰り返し行っていることの本質です。

そして、ある日、その差が飽和して『痛み』、『疾患』になって表面化するのです。

更にその『痛み』から逃げるために、ますます益々バランスが狂っていく、と言う無限連鎖に突入してしまうのです。

注射や湿布、痛みどめが本質的に問題を解決していないことは、1年間も治療を続ければお分かりだと思います。

それ以上問題を深刻化させないうちに根本的に、「身体の使い方」を練習し、筋肉のアンバランスを修正しませんか?

あきらめていた膝痛もご本人のご自覚と努力で必ず改善します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中