お客様からのお手紙…先天性股関節脱臼

脱臼による脚長差を解消し、ビッコを治します。 

脱臼による脚長差を解消し、ビッコを治します。

股関節脱臼の状態でお生まれになり、整復が間に合わずそのまま成人された方です。

脱臼は脚の太ももの骨が骨盤にうまくはまっていない状態なので、左右の脚の長さに大きな差がついてしまいます。

そして、この方も脚に左右差が有るための骨盤の高低差から脊柱が側弯しておりますが、お手紙に書いてくださった左の背中の張りが取れてきたと言う事は、右脚が長くて押し上げられていた右の骨盤と左の骨盤の高さがそろい、そのために起こっていた上半身の緊張が取れてきているという事なのです。

はじめて歩きを拝見した時は、1歩歩くたびに肩が上下するいわゆるびっこ歩き(跛行)になっていました。

脱臼の場合、その90%以上が後方への転移になりますので、股関節の状態は内転、内旋と言う内にねじれて内に引き付けられている状態になります。
つまり内転筋の働きにより骨盤がその足側に引き付けられているという状態なのです。
(変形性股関節症の手術などで内転筋を切るという手術も併せて行うケースもあります)
ですから、意識しなければ常に体重は骨盤が乗っている短い足側にかかってしまい、それがさらに脚の短さを助長するという悪循環に陥ります。

ですからこの方も歩いた時に、右足が骨盤から動き始めて大きく1歩が出て、左の足側の骨盤は前方に動かず脚だけでしかもつま先重心で出ていたために脚長差が大きくなり、ビッコが大きくなっていました。

この状態を根本的に解決するには、その方の年齢や状態、取り組み方により差が有りますが、まずはこの歩き方をしっかりと修正しないとその差はどんどん広がり、しかも股関節のねじれ具合によれば変形性股関節症や骨頭壊死などへの進行も懸念されますし、その前段階で長く歩くと股関節の前側、鼠蹊部に痛みが出たり、疲れやすい等の訴えをされる方が多いのですが、この方も歩行距離が短くなってきているとの事でしたので、矯正をお受けいただき、ご自宅での体操などにも取り組んでいただき、歩行の練習も毎回、動画を取りながら実践していただきました。

すごくシンプルな条件を守って歩くだけで、肩が揺れるような歩行は1回でほぼ解消できます。

ただ筋肉の状態は変わっていませんし、意識をしないとキープは難しいし身体のクセはしつこいのですが、歩きによる悪化は少なくとも防げるのです。

そして、その体に負担をかけない歩行をしっかり実践し、体操などによりその状態が意識しなくてもできる状態を目指していくのです。

ちなみに、この方は現在、1時間のウォーキングも問題なく出来るようになり、生活が前向きになったと喜んでいただいております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中