あらためて、お布団のこと。

硬いお布団と紐結びで素晴らしい目覚め!!!

硬いお布団と紐結びで素晴らしい目覚め!!!


 めっきり冷え込んできましたね。

寒くなると温かいお布団にくるまり眠るのは至福の時ですが、敷布団は是非硬いものをお選びください。

当院でも一番最初にお布団の話はさせていただくのですが、意外とみなさん布団のことを軽く考えている傾向が有りますので再度ご注意を。

柔らかい敷布団の何がいけないかと言えば、『猫背の人が仰向けに寝た時、背中の丸みが柔らかい布団に沈み込み一晩中猫背になっている』という事なのです。
反対に言えば『猫背の人もかたい布団で寝れば、寝ている間は背筋が伸びてまっすぐになっている』という事になるのです。

甲田先生でおなじみの西式健康法では木の上に寝る事を勧めているぐらいです。

私は、患者様のお体の状態の変化が乏しい時に、その方に必要だと思いアドバイスさせていただいたことを実践されているかを時々お尋ねしますが意外と、寝具を変えるのは面倒くさい、慣れ親しんだ寝具で気持ちよく寝たい、寝るぐらい好きにしたい、べニアをひくのを勧められたけど運べない・運びずらい・どこで買えばいいかわからない等などの理由で柔らかい寝具をそのまま保留にされている方が多くいらっっしゃいます。

寝ている時間は一日の中でも長いので、その時間を身体を整える時間にするのか、そうでないのかはかなり大きな差になります。
とくにお仕事でなかなかウィークデーに矯正のために時間が作れないという方は、この睡眠の時間を有効に矯正にお使いになれば、姿勢を改善し体の具合もよくなるし、痛みも軽減できます。

硬い敷き布団で紐で足を結んで寝れば、眠りが深くなり一日の疲れが取れますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中