ワイシャツの襟がきつい!!

健康はもちろん、美容的にも矯正しましょう。

健康はもちろん、美容的にも矯正しましょう。

私は仕事柄スーツを着ることがほとんどないので、たまに冠婚葬祭で礼服にネクタイをすると「首がきつい!」と思う事が過去にありました。

これは単純に肥ったのでしたら、当たり前の話ですが、実はもっと深刻な状態の表れかもしれません。

それは、首の骨の湾曲の問題です。

脚のモモの外側の筋肉が強く働くとお尻の筋肉が引っ張られ、お尻が垂れます。
そして、後ろに倒れた骨盤に引っ張られて背骨が後ろに丸まります。
これがいわゆる『猫背』です。

猫背の形は、その人の体の筋肉の強さ弱さ、生活習慣により個人差が有りますが、要は身体の前と後ろの重さを重力下でバランスをとるための身体のオートマティックな反応です。

そして、この猫背の方で特に背中の上の方が丸くなる方は肩が前に出る前肩・巻き肩になり、その代償として首の骨は前弯と言い、前に曲がりが大きくなってしまうのです。

ご高齢になると、どうしても顔が前に突き出すようになってしましますが、まさにそういう姿勢になるわけです。

これは頸椎の過前弯と言われる状態で、要は首の骨が顔の正面に向かい曲がり過ぎのことです。

つまり首の前後の長さが伸ばされた状態になりますから、襟周りが太くなってしまうのです。

この首の湾曲が大きくなることによる弊害は、とくに口を「い~っ」とした時に首の両側に浮き出る筋肉、胸鎖乳突筋の緊張です。
それはこの筋肉の下には頸動脈、迷走神経が有りますから、この筋肉の緊張が血管や神経を圧迫すると、頭で起こる怖い病気(脳梗塞、くも膜下出血、頭痛、など)が起こってしまう事が懸念されるのです。

ですから、ワイシャツの襟がきつくなったなと感じたら、ご自分の姿勢をチェックしてみましょう。

横から写真を撮ってもらうとご自分でも分かりやすいと思います。

耳たぶと肩の中央を結ぶラインが大きくずれていたら、姿勢の矯正をスタートさせましょう!

当院では、骨格の矯正と合わせて、最適な枕の高さなどもアドバイスさせていただいております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中