下に落ちたものを拾うときに膝が開くように・・・・(T_T)

O脚無料写真で検索していたら、衝撃的な写真が! 真ん中の子がO脚の進んだ状態です。 良く見かけますよね?

O脚無料写真で検索していたら、衝撃的な写真が! 真ん中の子がO脚の進んだ状態です。 良く見かけますよね?

先日患者様の若い女性の方に、「モモの外側の筋肉が内側の筋肉より強い人を内ではO脚って呼ぶんですよ」と股関節の説明をさせていただいていたところ、「あ! 最近下のものを取ろうと思って身をかがめた時に膝が開いていて、お母さんやおばちゃんと同じになっちゃったと思った。 かっこ悪いな~と思ってたのに自分も同じになってると気がついた」と言われました。

そうなんです。
それがO脚なんです。

靴を履くとき、椅子に腰かけるとき、ズボンをはくとき、自転車をこぐとき、持ちろん歩くとき、左右の膝が外に離れていくならばモモの外の筋肉が強いO脚が疑われます。

立って気を付けをして、膝と膝がついても、当院の分類はO脚なんです。
最近よく目にする、O脚矯正をうたっている整体院の多くはこの膝をつけるという部分のみのことを言っているところが多いのですが、両方の膝がつくという事は決してO脚が根本的に治ったという事ではありません。

写真の真ん中の女の子はO脚から骨盤が後ろに引っ張られ、猫背になっているので、こういう姿勢が楽になってしまっています。
内臓は下垂して来るし、写真では右重心に見えますので婦人科のトラブルも起こっていると推察できます。
あと連動して右肩こり、右の背中の痛み、消化不良、右目の視力低下等も起こる可能性が大きいです。

こうした子でも、体は柔らかそうなので立った時にはもしかしたら両膝はつくかもしれませんね。

見た目だけでなく、O脚は根本から治すことにこだわりましょう!

広告

下に落ちたものを拾うときに膝が開くように・・・・(T_T)」への2件のフィードバック

  1. 鴨下先生

    この写真の真ん中の女性の格好、老若男女問わず、この状態が楽と思っている人が大多数だと思うのですが。。。
    少なくとも私は、真ん中の女の子の格好を見て、楽にしてるなぁと思ってしまいました。私も同じような状態なのですね(涙)

    いいね

  2. この様な姿勢が当たり前になってますからね~、お互い気を付けましょう!
    でもこの真ん中の彼女の内モモを見ていただくと分かるのですが、内モモにある内側広筋のカットが全くありませんよね。 そして腿の形が外へ広く感じませんか。 拮抗した筋肉のバランスが大切という事ですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中