脊柱管狭窄症の治療。

 脊柱管とは背骨の中にある神経の通り道の空洞のことで、その空洞が狭まり神経を圧迫する症状を脊柱管狭窄症と言います。

 神経が圧迫されますから痛み、しびれが歩いていると出てきて、少し休むと治りまた歩けることから間欠歩行がその特徴と言われています。

 結局、ヘルニアやぎっくり腰などと同様に股関節がずれ、骨盤が歪み、背骨が曲がった結果であるというところにあまり差は無いように私は思いますが・・・・

 私の臨床例の中では、この状態になられた方々にはスポーツがお好きであるという傾向が多くみられます。

 空手、合気道、ゴルフ、野球などなど・・・。

 まず、症状の有る方々はO脚系で、前荷重が強いという共通点を発見しました。
 
 これはどういう状態かと言いますと、O脚系の方は骨盤が寝て猫背になります通常は後ろ荷重になるのですが、スポーツや武道では前荷重が求められるので、骨格的には骨盤が後ろに寝るのに、鍛えた筋肉でそうさせない、無理がある感じと言ってもご理解しづらいと思いますが、要は股関節に内ねじれを作ることにより前荷重を作ったしわ寄せが腰椎に負担をかけているという事なのです。

すいません、文章力が無くてわかりづらいですね、でも確認してみてください、きをつけの姿勢で立った時に足先は自然に外に開き膝小僧は内に向いていませんか?

これが股関節の内ねじれです。

 ですから、この症状を治療する時には背骨を伸ばすという事を当然求めるけれど、まず股関節のねじれを取り除き、骨盤を引っ張ってしまっている筋肉をしっかりと元の状態に戻すという事を考えていかないと、いい結果には結びつかないと思います。

 当院の治療であれば、ご本人の取り組み方次第ですが、最初の数回でかなりの変化を感じていただけると思います。
それは本当の原因からきちんと治療していくからです。

 夏は、こうした筋肉を柔らかくしていきたい症状の方には最適な治療、リハビリのシーズンです治療に取り組んでみませんか?
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中