月別アーカイブ: 7月 2016

院長の過去2・・・心霊療法 イン オーストラリア

院長の過去って大袈裟ですが、これも私が体験した治療法です。

ハンドパワーです!!

ハンドパワーです!!

もう20年以上前のことですが、私は当時オーストラリアに住んでおりました。
これは『大草原の小さな家』や獣医だった叔父の影響で広大な田舎で暮らしたいという願望のため、永住にトライしていた時期なのです。

初めは無理やり田舎暮らしをしたのですが、永住権取得のためにシドニーのレストランで働いている時に、お客様から面白い治療所が有るよと話を聞いたのだったと思いますが、シドニーの中心部から少し離れたボンダイと言うサーフィンなどでも有名な街にその治療所はありました。 続きを読む

広告

自然療法の機関紙『あなたと健康』残り20名様に配布いたします!!

 

左が今回お配りしている『あなたと健康』、右はお配りしていない『自然療法』

左が今回お配りしている『あなたと健康』、右はお配りしていない『自然療法』

 私はこの自然療法とはずいぶん昔に出会いました。
 祖母の部屋の本箱に入っているのを、面白いな~と思いパラパラ眺めていたのです。

 自然療法では、日本人が昔から行ってきた、生活の知恵を集大成しています。 続きを読む

この写真の足の指で言えること。

かわいそうな小指ちゃん(>_<)

かわいそうな小指ちゃん(>_<)

きれいな足ですよね、ただ残念なのが小指に重心がかかり過ぎているようです。
小指の爪が小さくて指自体も曲がってしまってますね。

多分小指の裏側には皮がつままれたような固いトンガリが出来ていることが想像されます。 続きを読む

姿勢がいいと頭がいい! 姿勢がいいと健康!! 夏休みに是非お子さんのいい姿勢つくりを!!

手前味噌ですが、下の娘が発見したらしいです。

「勉強ができる子を観察したら、みんな姿勢が良かった!!」

『お父さんそれ小学生のころから言ってるよね~!!』と言いたかったのですが、最近はほめて伸ばそう作戦中なので、グッとこらえて「良く気が付いたね~」とほめました。

やはり親子は難しいですね。
娘も今年高校受験生、もう少し早く気が付いてれば、もう少しどうにかなったんじゃないの~(@_@。と思いますが、ま、これからしっかり姿勢に気を付けてくれればいいことにしましょう。 続きを読む

脚の開きすぎにご注意を! 開きすぎにお勧めの4大運動

私はこのブログでも再三この脚の開きすぎ、股関節の開きすぎの弊害を書いてきました。
ヨガや自彊術が始まった当時の人たちに比べて、現代の私たちは脚力特に内モモの筋肉が弱っていますから、開いてしまった股関節を支えきれなくなりどうしても猫背になり様々な問題が出てしまうのです。

そして、これを言い表している名文を見つけました。

『脚のつけ根のぐらぐらしたテーブルは、そのゆるみ度に比例して机上の水平保持が困難である』

続きを読む

今明かされる院長の過去?…・飲尿療法

私は自分が体験しないと物事を信じれないたちなので、色々な治療法などを実体験してきましたが、その中からのご紹介となります。

もうずいぶん前のことですが、私がネパールに行った時のことです。

オーストラリアでお世話になったパディントンマーケットで有名な日本人、ケンタ師匠にネパールに行ったら自分の義兄弟がいるから尋ねるといいよと紹介された方のところによらさせてもらいました。 続きを読む

先天性股関節脱臼だったら、痛み無くとも今から是非!!

股関節

生まれた時に股関節が脱臼している状態を先天性股関節脱臼と呼びます。
生後3か月検診頃に、赤ちゃんの股関節と膝の間のしわなどを見たり、動きを見て股関節がきちんとはまっているかを確認しますが、その時に発見されることが多く、この時期の発見ですと装具を付けて股関節を開く状態を続けて整復します。

この脱臼は、脚を無理に引っ張ったり、寝かせ方が悪かったり、先天的に臼蓋形成不全があったりすることにより起こります。 続きを読む