月別アーカイブ: 4月 2016

名著 日本の弓術…何かを極めるとは。

『日本の弓術』
オイゲン・ヘリゲル著 岩波文庫
私はこの本を太極拳の先生に教えていただきました。
先生が、中国の先生から離れ独学の難しさの中で困難に直面された時にこの本に励まされたそうです。
そして、この本には『何かを学ぶ』という事が描かれています 続きを読む

広告

Sさんの例。 座った時にかかとが浮く。 プラスとマイナス、どちらも意識して。

 先日、昔からときどきお通いいただいている方と施術中にネットに話題になり、矯正後に当院のPCを立ち上げてお話をする機会がありました。
 PCの前に二人で並んで、画面も見ながら少しお話をして、その型の足元を見るとかかとが浮いているではありませんか!!
 (なかなか、こうした日常生活の中の動作を拝見する機会がないものですから、いい機会でした) 続きを読む

80歳代でも更年期障害?

80歳代のある患者様が「お医者さんに相談したら遅く来た更年期障害だろうと言われたんだけど」とおっしゃられるので、違和感を覚えました。
更年期障害は、女性の閉経時に起こるホルモンバランスの乱れにより起こる色々な症状を指す言葉と理解していましたので、いくら個人差が有るとはいえ80歳代ではいかがなんでしょう?
いくら個人差が有るとはいえやはり40代後半から60前ではないでしょうか。

またここ10年ぐらいは男性の更年期障害と言う事も言われておりますが、なんだか理由のはっきりしない不調はすべてこの更年期と言う言葉でかたづけられているような気もします。 続きを読む

今朝のあさイチ、コマニチュード。  これは良いですね!

今朝の日テレあさイチでの特集で紹介されていました、認知症の方とのコミニュケーションの方法、コマニチュード
これは介護をされる方がどうしても会話の中で使ってしまう、否定と命令が認知の方にはかえってよく無い、という実例を見せてくれました。 続きを読む

西先生の習慣。 さすが!!

 西式健康法の創始者である、西勝造先生は存命中は東京の中野に住んでいらっしゃったそうです。
 そして、そのお家は中野と高円寺のちょうど中間地点に有ったそうなのですが、先生は電車を使われるときにいつも中野駅と高円寺駅を交互に使われたそうです。
 これは電車から降りて歩くという動作をする時にいつも同じ方向にばかり運動して身体が歪むのをケアーされていたからだそうです。 続きを読む