Q&A 先天脱臼で生まれた娘がいるのですが、いつから矯正するのがいいですか?

私の娘は先天性の股関節脱臼で生まれました。
幸い発見が早く装具の装着で脱臼自体は整復できています。
ただ、先日友人たちとテニスをした後に股関節がだるくなったと聞いて、気になり質問させて頂きます。

答え
一日も早く矯正をお受けください!!

整復が出来て本当に良かったのですが、先天性で股関節が脱臼する方の多くにその原因として、臼蓋形成不全というモモの骨のはじっこの受け口である骨盤の臼蓋と言う凹みに本来形成されるはずの軟骨が形成されないという疾患があります。
この疾患により、もものはじっこは骨盤から外にはみ出たような状態になり、さらに筋肉に引っ張られて内に捻じてモモの骨が後方に外れてしまったのが股関節脱臼なのです。
そしてこの筋肉がモモの骨を内に捻じれるように引っ張るという状態は、股関節が整復された後も残っているのです。
ですから、若い時は運動量も多く、筋肉もしっかりしているから問題なく生活できていた方が、更年期に入ったら途端に股関節に痛みが出て、病院を受診してみたら変形性股関節症です、と言う診断名がついてしまう事が起こるのです。

変形性股関節症になってしまうと、痛みもきついし、股関節の動く範囲も狭くなるので生活に支障をきたす場合も出てきてしまいます。

ですから、お嬢さんの様に股関節の脱臼でお生まれになっている方、股関節に痛みや違和感がある方は一日も早く矯正を受けていただく方がいいのです。

脚を紐で結んで眠る事などはとても簡単にできるストレッチです。
内に捻じる筋肉を緩めてくれるから股関節疾患の方には必須の矯正です。
何と言っても、寝てる間に出来てしまうんですから忙しい現代人にはぴったりの矯正ですよね。

特に痛みや問題が継続していないのなら、一年に1回の通院でも構いません、是非早く矯正を始めて下さいね。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中