脚の短い方に中敷きやかかとの高い靴を履いては絶対だめです。

高いところの足先は内に向きます。 低い方の足先は外を向きます。

高いところの足先は内に向きます。 低い方の足先は外を向きます。

2~3日前にテレビの健康番組で身体の左半分に色々な症状が出ている方の足の形の違い、長さの違いを確認して、短い脚の方に中敷きを入れて左右の脚の長さを同じにすると言う方法を紹介していたそうです。

これは大変危険な間違いです。

写真の様に高いところを踏んだ足先は内に向き、低い方の足先は外に向くのが自然な身体のメカニズムです。
そして股関節が内に向くと脚が短くなるという事実が礒谷公良先生の発見なのですが(当時はレントゲンを撮影していたので先生の治療の成功は私たちが今でもはっきりと確認できます)、この短い脚側を高くしてしまうという行為は全く逆の事をしている訳です。

単純に足し算で2センチ短いから2センチ足そうという考え方は、股関節のメカニズムを理解していないと言わざるを得ません。

以前私が診させて頂いたご婦人は「私は変形性股関節症なのだけど、幸いな事に病気が発症してから、痛みを感じずに過ごせてきたのだけれど、ここにきて股関節が痛くなり始めてしまったの」とおっしゃいました。
「変形性股関節症で痛みを感じないというのは、本当にラッキーですね。 痛い方は脳天に突き抜けるような痛みだとお聞きしますから・・」
「私は運良く、自分に合った療法を見つけて、痛みはそのおかげで出なかったのかもしれないわね~。 ただここ2年ぐらい脚の長短差が大きくなり跛行(ビッコ)が大きくなってきたので、病院で受診したら脚の短い方の過方の高い靴を勧められてそれを履いてるの」
「それです!!」
「それを今日からやめましょう」
そしてやめていただいて矯正をお受けいただくと3回目には股関節の痛みは取れました。

先日のブログでも「足の左右差があるから、長い方の脚を切ろう」と言ったお医者さんの話を書きましたが、公良先生は脚の長短差が何で起こるのかを究明するために、レントゲンを撮る時に鉛の印をつけて脚の骨の長さには差が無い事を発見したそうですが、短い脚を高くする方法で、最後までうまく保存できた例はないはずなのに、何で「どうしてなんだろう?」と思い、そして研究しないのか不思議でたまりません。
(はじめ2センチの左右差が短い脚に中敷きなどを足すことにより1年後には3センチ、2年後には4センチ、3年後には5センチとその差はだんだん大きくなり、最終的には手術を勧められるようです)

もしこれをやられている方がいらっしゃいましたら、是非一度ご自分の身体で確かめてください。
道路などで段差を見つけて左右の脚に高低差を付けて歩いた時に、どちらを高くした方が楽になるか?
ビッコが有る方はどちらにした方が、ビッコが治るか?
これはご自分でも感じていただける思います。

 

The toe of the high place turns inward. The lower foot points outward.
Check the differences in the shape of the feet of the person who experienced various symptoms on the left side of the body on the TV health program two or three days ago and check the difference in length, put the insoles on the side of the short legs, He said that he introduced a method of saying to make the legs the same length.

This is a very dangerous mistake.

It is a natural body mechanism that turns the foot where you stepped high like the photo faces inward and the lower toes towards the outside.
And although the fact that the legs and face the inner hip becomes shorter’s the discovery of Kimiyoshi Isotani teacher (then the success of the treatment of the teacher because he had taken an X-ray You can see clearly even we are now) , The act of raising this short leg side is a translation which is totally the opposite thing.

I can not help to say that the concept of simply adding 2 centimeters shorter than 2 centimeters in addition does not understand the mechanism of the hip joint.

Previously I know is let gotten the lady is “I am the examination I of osteoarthritis of the hip, from the sick will develop Fortunately, but I’ve been able to spend without feeling the pain, come here to the hip joint I started to hurt. ”
“It is really lucky that you do not feel pain with hip osteoarthritis because you are told that it hurts like penetrating the brain – …”
“I might be lucky to find a therapy that suits me and it may have been that pain did not come out of that … – but the length difference of the legs has grown over the past two years and the claudication (big bug) gets bigger As I came to the hospital, I recommend a shorter shoes with shorter legs and wear it. ”
“That’s it!!”
“Let’s stop it from today”
And if you stopped receiving correction, you got pain in the hip joint for the third time.

In the blog of the other day, I wrote a story of a doctor who said “I will cut the longer legs because there are left and right differences between the feet”, but Mr. Kagaru went on to investigate what the difference in length of the leg happens When I took an X – ray, I marked a lead and found that there was no difference in the length of the bones of the legs, but it seems that there are no examples of successfully saving up to the last in a way to raise the short legs , I wonder why “Why is it?” And do not research and wonder why.
(The difference between the left and right of the first 2 centimeters is short 3 centimeters after one year, 4 centimeters after 2 years, 5 centimeters after 3 years, by adding insoles etc., the difference gradually becomes bigger, It seems to be recommended)

If someone is going to do this, please check with your body once by all means.
When walking with a difference in elevation on the left and right legs after finding a step on a road, which one should be easier to raise?
Who did you have Bikko, will Bikko heal?
I think you can feel this with yourself as well.

広告

脚の短い方に中敷きやかかとの高い靴を履いては絶対だめです。」への14件のフィードバック

  1. 永井雅典

    私は大阪府在住で、磯谷式の治療を受けR型と診断されました。この記事を読ませて頂き、正直半信半疑で長い方の右足に補正用のインソールを入れてみました。凄い!の一言です。今まで左足は全く力が入らず、踏ん張りが効かない感じだったのが、しっかり踏ん張れる。これだ!って感じです。
    1つ質問なのですが、私は磯谷療法で左足から踏み出して、なおかつ左足を大股で出すようにと言われていたのですが、これは正しいのでしょうか?あまり大股に歩くのは良くないと記事にあったので。

    いいね

  2. コメントありがとうございます。またお返事が遅くなって申し訳ありませんでした。 左足から出す、間違いありません。 右脚に力が入らないのは右足が長い為ですので、常に右に体重を乗せて置きたいので、空っぽの左足から出る、という事です。 ただしその時に骨盤から出ないとだめですよ。 足だけ出してしまうとおおまたはご心配されているO脚を助長させます。 よろしければこの内容をブログにも書かさせていただいてよろしいでしょうか?
    ありがとうございました。

    いいね

  3. 永井雅典

    返信の方ありがとうございます。ブログに掲載は全然大丈夫です。
    そうですか、R型の場合、左足から大股で大丈夫なのですね。
    その際、骨盤からですか、なるほど!。
    意識してやってみます。

    いいね

  4. ありがとうございます。 骨盤から出して、踵着地で重心が移動して親指で抜けていくのも、合わせて意識してみてください。 生活の中で右重心、頑張ってください。 

    いいね

  5. 初めまして。生まれつきの病気で左半身のみが過成長と成り、足の長さだけでなく足の大きさも手の長さも掌の大きさもつまりすべてが左右で違うのですが、最近非常に右足の股関節が痛んで歩くのがつらかったので、適当な中敷きを買って調整したいたのですが、良くないんですね・・・なんとなく検索してこのページを見つけたのでラッキーでした。
    病院に行って相談してみます。

    いいね

  6. コメントありがとうございます。初めましてカモシタです。 殆どの病院では、短い脚をかさ上げしてしまうと思われます。 成長が遅い方の股関節が痛まれてますか? もしそうであれば股関節が内側に捻じれていて股動脈の圧迫が起こり血流が悪くなり、成長が遅くなっていると考えられますから、そちらの脚にインソールを入れてしまうとますます脚がねじれてしまいます。 先天的なご病気とお体の状態をもう少し詳しく教えていただければ何かアドバイスができるかもしれませんので、よろしければどうぞ♡ お大事にお過ごしください。

    いいね

  7. 初めましてこんにちは。私は先天性で左足の踵が右足の踵よりも約2cm小さくて足の大きさも左が2cm程小さいです。股関節の長さもやや左側が短いですが、今腰痛に悩んでいます。靴に中敷1.5cm程上げて履いていますが、爪先は1cmもないくらいで蹴りが甘くてびっこ引いてます。ちなみに肉体労働です。この場合も中敷はやめた方が良いのでしょうか?もう何もしてなくても腰がなんとなく痛いのがわかります。

    いいね

  8. 補足します。
    中敷を入れてるのは左足です。因みに私も左半身全体的に骨、筋肉が細くバランスが悪いです。
    毎日普通の靴を履けず筋肉の弱い方が重くて辛いです。ドイツ製の革靴を履いていますが重たいです。

    いいね

  9. 初めまして、コメントありがとうございます。 中敷きはやめた方がいいと思いますよ。 どんどん長短差、ハルさんの場合は左の股関節にかなり内ねじれがありそうなので、左脚はモモも細くないですか? もしそうなら、中敷きを左に入れるとますます左脚の股関節が内に捻じれて、脚が出ずらくなる、血流が悪くなり冷える等が心配されます。腰痛も右の腰が高くなることによって起こっていると思われますので、ますます差が大きくなってしまいます。 

    いいね

  10. ドイツの靴はかなりかっちりしていますので、足の裏とか痛くならないですか? かかとをしっかりホールドしつつ靴底のなるべく薄くて平らな物で足に合っているものが有ればいいのですが。 やはり右脚が長いようですね。 近くの礒谷療法を行っている治療院は無いでしょうか? 是非矯正を始められることをお勧めいたします。 重い靴は正しく歩けていないとよけい筋肉のバランスを崩すおそれがありますよ。

    いいね

  11. 返信ありがとうございます!
    ドイツ製の革靴は、踵が少しへこんでいてインソールで土踏まずのアーチを押し上げる形で爪先は薄くなっています。平ではないです。サイズはあまり合ってなくて踵がしっかりホールドされていず、布などを詰め込んでなんとかサイズ合わせてます。左足が細くて靴も右より重たく感じます。まだ軽くて平らな足底でインソール無しの方がずっといいという事ですね!
    股関節じゃないからちょっと底上げで大丈夫じゃないかなぁ〜?と期待してたので、目から鱗です!(笑)
    もう肉体労働はしない方が良いですかね〜…?ここのコメントを参考に右足にインソール入れて右足に体重乗せてみたら仕事中の腰痛がかなり楽にはなりました。座り仕事を検討中です。岐阜県なので愛知県の礒谷式矯正受けてみたいです。

    いいね

  12. 先生こんばんは。
    ドイツ製の靴は始めは徐々にフィット感が甘くなり更に底上げしてきつくしてもらいましたが足裏が痛くて指先が地面にしっかりと着地せず(足首にもきてました)普段の平らな軽い靴にしたら指も曲がってストレッチ効果があり、足裏のマッサージ(ゴルフボールくらいの石に足を転がす)をした時も深部まで届いて柔らかかったです。ドイツ製の靴(6万はしましたインソールの手直しも一々お金かかりました)インソールの凹凸を平坦に削ってみると履いてる時の痛みは無くなりましたが、短い左足と右足の高さを合わせれば合わせる程腰が痛み出しました。家履き(これも6万近く)のスリッパも左足を1.5cm底上げしてますが、最初履いた時重たくて嫌な感じがしてましたがまだマシかな?と思って履いてました。けれど今はもう両方履かず、前のように一切底上げせずに暮らしています。不思議と気分も良くて気楽な気分です。このままで動いてもいいんだと思うと嬉しくなりました。しかし身体が硬くストレッチが追いつかない状況です汗このまま動かして肉体労働もこなしても大丈夫でしょうか?ひもくくりしてみたいです。

    いいね

  13. すいません、ずいぶん返事出せなくて大変失礼いたしました。 PCにコメント来た旨の連絡表示が無くて・・・。やはり健康一番ですからご自分でご自分のお体の状態に合わせての選択が望ましいのではないかと思いますがいかがでしょうか? 是非お受けになって見てください。

    いいね

  14. 合わない靴はダメージも大きいですね。 やはり体に靴を合わせるのではなく、体を変える事をお考えになった方が良いと思います。 紐結び、膝抱え、屈伸、どれも初めは指導者の説明が必要だと思いますので、一度お近くの礒谷をお尋ねになって見たらいいと思います。 お大事になさってくださいね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中