股関節の変形と筋肉の硬さの、卵とニワトリ。

 ほとんどのお医者さんの説明だと、『変形性股関節症の方の筋肉は緊張が高まる傾向がある』、『筋肉の緊張が痛みと関係が深いと思われる』と言われるのではないでしょうか?

 逆です!!

筋肉の偏った緊張が股関節の角度異常を起こし、軟骨を削り、軟骨がすり減り骨と骨がこすれ合うからお互いに削り合ってしまい変形が始まってしまうのです。

 この発想の違いはどちらでも同じに思われるかもしれませんが、とんでもありません。

 ボタンのかけ違いは、治療のステージに行っても結局ボタンはずれたままなのです

 それでも、うまく保存できている方は非常にラッキーです。

 具体的にずれたボタンとはどういう事かと言うと、アプローチする筋肉が特定できないのに保存療法の運動の指導がなされているのが現状なのです。

 脚を開く筋肉、脚を閉じる筋肉両方を鍛える。

 脚を開いたり閉じたり両方のストレッチをやる。

 こうしてまんべんなくやれば股関節周りの筋肉が柔らかくなればいいと言うスタンスなので、それでうまく人もいればそうでない人も出来てしまう訳です。

 ただ、変形性股関節症の場合、痛みが激しく動かせなくなっていた方は、少しでも動かさないと、どんどん筋肉も硬くなってしまうので、全体を少しでも動かすという方法でも多少はほぐれて痛みなども軽減すると言う事があるでしょう。

 しかし、きちんとした歩きが出来るようになるためには、どの筋肉が硬くて、どの筋肉が弱い、そしてそれにより骨盤がどうなっているから歩くときにはここに注意しましょうという具合に具体的かつ的確な指導が必須だと思います。

 保存療法で行きたいけど、なかなかいい方法と出会えない。
 保存療法してきたけどイマイチだ。
 
 是非そうした方にお試しいただきたい方法です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中