月別アーカイブ: 12月 2015

今年もありがとうございました、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

 もう大晦日ですね~
 年を取ると時間の流れが速いと言いますが、本当に痛感いたします。
 このブログも、多くの皆様に支えられて400回を超えて続けておりますが、お世話になっているブログの会社、ワードプレスさんから今年のレポートが届き驚きました。
 それは日本延べ78148人の方をはじめ、アメリカ1581人、ブラジル142人、大韓民国95人、台湾90人、ドイツ80人、オーストラリア76人、またフィンランド、ノルウェー、フランスなど計61か国と本当に世界中多くの皆様に読んでいただけたことを心より感謝し、この場でお礼を述べさせていただきます。

 ありがとうございました。

 Thank you so much.

  Obrigado.

  감사합니다.

 謝謝。

 Vielen Dank.

 Muchas gracias.

 Merci.
 
 この一年でとにかく繰り返しお伝えしたかったことをまとめますと、「痛みや不調は年齢で起こるものではない。 加齢も原因の一つに関与はしていても、それだけが原因なら世の中の80歳以上の方は全員痛みや不調がなければおかしいという事になりますよね。 ですから痛み、不調にはその理由がほかに有り、その理由の大きな部分を体の歪みが占めるという事です。 東洋医学でいうところの氣血の流れも骨盤脊柱が大きく歪んでいては流れが悪くなるのは当然ですし、せっかく栄養のある食べ物を食べても自律神経などに圧迫が有れば消化器も完全にその機能を果たすことが出来ずもったいないことになります。 ですからまずどういう治療法に取り組むにしろベースになる自分の身体をまずベストな状態に整え、その上で歩き方座り方と言うような体をゆがめない正しい使い方を実践すれば自分お治癒力を最大限に使うことが出来るのです」と言う事です。
 『もう年だから~』
 『もうずーっとこうだから』
 『家族もみんなそうだから』
 こうした言葉で妥協するのは、もったいないです。

 90歳を超えてもお元気な方々は「もっとあれもしたい、これもしたい。 そのためにはこんなに痛いんじゃ困っちゃう」と貪欲です。
 私には、その貪欲さこそが、まさに『生きる』と言う事だと思うのです。

生きてる間は自分の好きなスポーツを楽しむ、やりたいことが出来るように、食べたいものが食べれるようにQOL(生活の質)が低下しないように。
 そのためには自分の身体を整え、少し自覚的に日々を過ごす必要があります。

 新たな年を迎えるにあたり、是非『生きるという事に命をかけてみましょう』(BY ブルーハーツ)

 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

 ありがとうございました。

 

 

広告