夫婦の会話…健康にも関係あり!

 私は施術中に世間話をさせていただく機会が多いので患者様から学ばさせて頂く機会が多多あります。
 とくに当院の患者様は営業時間や立地の関係か女性の患者様の方が多いので、家庭における女性の立場からのご意見には『う~ん』と、うなることもしばしばあります。
 そして、結論から言ってしまうと『夫婦だからこそコミュニケーションが大切だ』と言う事に尽きるような気がします。

 例えば以前ご夫婦でご来院いただいている方のご主人様が来られた時に「うちのは(奥様)無駄使いが多い。 私はフリーの仕事をしているから収入が有る時に蓄えておかないと不安なのに、全然貯金が無かったから驚いて喧嘩になってしまった」と言われていましたが、しばらくして奥様が来られた時には「最近主人が頑固になった。 お金のことにもすごく細かく口を出すようになってきたのよ」とおっしゃるので、私はそれぞれの立場が違うと同じ話がこういう風にかみ合わなくなってしまうんだな~と、我が家でも似たような口論がたまにあるので、妙に感心してしまいました。
 
 これも又別の患者さんから教えていただいたことですが「夫婦は長くやってると、お互いに理解し合っているという錯覚をするけど、きちんと別の人間だと考えないとだめよ。 価値観だって全然違うんだから、何かやりながらの話なんか後になると全然聞いてないよ、ってことになる事なんてざらなんだから。
 話が有るのなら『お話が有ります』と言ってきちんと座って向かい合い、『これこれについてはこう思うけど、あなたはどう思う?』とやらないから、あと後になって、こんなはずじゃなかった~、わかってくれてると思ってた~と話がこじれちゃうのよ。 夫婦の間の共通認識、つまりルール作りね。」と・・・・・改めて納得です。
 

 私の好きなダライラマ14世のお言葉に『すべての物質的な進歩にコミュニケーションは不可欠だ』と言うものが有りますが、家族や近しい人ほど言葉にしなくても分かってる、分かり合えていると考えてしまいがちではありませんか?

 そして、こうした家族や友人、同僚など日々顔を合わせる人とのトラブルほどストレスの多いものはないのではないでしょうか?

 さらに、ある研究者などは『病気の9割の元々の原因はストレスだ!』とさえ言っています。 
 しかし逆に、体調の悪さからイライラしたり、疲れて会話が減ってしまうという事も日々の生活では起こります。
 これは卵と鶏で、どっちが先に始まったのか、判別するのは難しそうです。

 ですから自分の日々の健康管理はとても大切になるのです。 (どうですか?見事な三段論法+我田引水 イエィ)

 レッツ、屈伸&コミュニケーション!

 

 

 
 

 

 

 
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中