NHK 9月9日放送の試してガッテンの肩こり特集を見て。

 肩こりの原因が筋膜だというお話でしたね。
 確かに、肩こりに筋膜も影響していますが、やはり原因を一つに限定して語られるのには違和感を覚えます。

また、一番大事な、『なぜ、それが起こっていて、それはどうしてなんだろう?』と言う視点が完全に抜けてしまっています。

 痛みは誰でもいやですよね?
 でも、痛みは自己修復してくれている身体の反応ですから、ただ痛みだけ消せばいいや、という様なスタンスで問題に向き合うのは怖い事だと思います。

 肩こりは首も引っ張ってしまいますから、首にも筋肉の緊張を作ってしまいます。
 すると、首にある血管、神経も圧迫を受けてしまい、首の血管の圧迫は頭に行く血流を阻害しますから、それが脳梗塞、くも膜下出血、アルツハイマー、痴呆症など命に係わる疾患にもつながりますし、神経の圧迫は麻痺、不眠、鬱などの精神疾患にもつながります。
 
 痛みはそうした、非常事態を私たちに教えてくれてもいるのですから、痛みだけ消すのではなく、問題の根本にきちんとアプローチすることが大事なのではないでしょうか?

 また、番組の後半で紹介されたストレートネックの女性のストレートネックになってしまった理由なのですが、『顔が前に出てしまったから』と言うものでしたが・・・・

 では、何で顔が前に突き出してしまったのでしょうか?

 スマホや仕事で顕微鏡などを見ている姿勢が悪いという事でしたが、それはどういう風に悪いのでしょうか?

 映像を見ていらした方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、その女性の座り方はかなりの「猫背」なんです。
 
 椅子に骨盤を前方に滑らせるように腰かけ、背骨を丸めているために顔が前に突き出てしまうのです。

 それは、重力の中で生活をするという事は前後、左右で重さのバランスを取らないと体が傾いてしまうからなのです。

 つまりこの女性は座る時に腰を滑らせて背中を丸めて後方に重さを持っていったので、顔の重さを前に突き出して前後ろで重さのバランスを取る必然が生じてしまっているわけなのです。

 ですから、最後に紹介されていたタオルを使ったストレートネック矯正運動は、猫背を矯正する運動と合わせて取り組めばもっと効果的に結果を出せると思いますし、それが根本的な問題の解決になると思います。

 またほかの筋膜を緩める運動に関しても同じことが言えると思います。
 私も肩周辺の筋膜リリースは手技で使いますが、それは体全体のバランスを取り筋膜のつながりなども併せて緩めるなどして、根本的な治療になるように考えています。。

 筋膜は全身でつながっています。
 肩こりに影響する筋膜ももちろん例外ではなく、足腰の筋膜とつながっているのですから、少し視野を広げて身体全体から取り組むと問題を根本から解決する事になると思います。

 

 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中