月別アーカイブ: 9月 2015

変形性股関節症の予防。

 予防に勝る治療法なし!
 
 これは中医学、漢方などで言う未病を治す、と言う事ですが、確かに進行してしまった疾患より、発症してすぐの疾患、さらには発症する前の状態を治す方が早く楽に治すことが出来ますよね。
 
 そして、股関節疾患に関して当院でこれが出来るのは、「股関節疾患がなぜ発症するのか?」を理解しているからなのです。
 股関節の矯正に関して礒谷公良先生は70年も前に画期的な方法を確立されましたが、その理論は今も最新の股関節治療の追随を許しません。
 
 では、『なぜ、臼蓋形成不全、ペルテス病、先天性股関節脱臼の方が、更年期以降に変形性股関節症を発症しやすいか?』
 それは、股関節の角度が内に捻じれやすいからなのです。 続きを読む

広告