脚の長短差の原因。 何で脚の長さに差が出来るのか?

 皆さん腰痛などで整形外科、整体やカイロに行かれると「脚の長さが5センチ違いますよ」と言われる事が有ると思います。
 そして、その時に股関節の転位の事の説明を受けることは、礒谷療法を勉強された方以外ではまずないと思います。
 すると、例えば右脚が長いと、その分右の骨盤が下がっているという様な説明になることが多いのです。

 これはベッドに寝ている状態での診察による所見による訳ですが、では重力の有る生活環境の中で2本足で立つとどうなるのでしょう?
 長い脚側の骨盤が下がっているのなら直立すると足し引きゼロで骨盤は水平になってしまわないでしょうか?
 
 いえいえ、脚に長短差が有れば直立してもベルトラインは斜めになっています。
 そしてそもそも、どうしてそうした事が起こったのでしょうか?
 
 この原因を、礒谷療法ではその長短差の原因は股関節の転位が原因だから起こると言う世界に類を見ない発見をベースに理論を構築しています。

 股関節とは太ももの骨と、骨盤とが合わさるところですが、この2つの骨を結び付けているのが筋肉と靭帯になります。
 そしてこのうちの筋肉の強い弱いの偏りが骨盤を歪ませるのです。
 つまり、筋肉が縮むとその筋肉のついているはじとはじを引き寄せる働きをしますが、この緊張により骨盤がゆがめられるように引っ張られて骨盤の上端から脚の裏までの距離に左右差が生じるわけです。
 
 ですから、骨盤や背骨を寝ている状態で真っ直ぐにしても起きて股関節の周辺の筋肉のクセが調整されていなければ、すぐに元の状態に引き戻されてしまうと言うのが、先代礒谷公良先生の発見なのです。

 この理論は納得すると非常にシンプルな理論です。
 そしてこの理論が全身に起こるあらゆるトラブルの原因になると言うとにわかに納得いかないと言う方も多いと思いますが、股関節周りの筋肉の状態が左右で均一になる事により骨盤が水平になり、その上に乗る背骨が垂直になる事により、神経や血管の圧迫が取り除かれ、骨格による臓器等の圧迫が無くなれば、人間は持って生まれた自己治癒力により多くの病気を克服できるのです。

 以前も紹介しましたが有る患者様のお子さんがヘルニアで整形外科を受診したら「脚の長さの差が大きいから、長い脚を切りましょう!」と言われたという恐怖体験でもわかるように、脚の長短差がどうして起こっているのかのきちんとした説明が有る治療をお受けになる事をお勧めいたします。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中