月別アーカイブ: 3月 2015

脊柱管狭窄症の方の腰の特徴についての私見。

 そもそも脊柱管狭窄症は、骨盤のすぐ上の腰椎と呼ばれる背骨の下の方の骨の周辺の筋肉が非常に硬くなっていて、その筋肉の緊張で骨自体が引っ張られて、背骨の中の神経の通り道である脊柱管が細くなっていることが原因で、神経が圧迫されて歩いていると痛み痺れと表現されるような不快感で歩けなくなり、しばらくお休みすると歩けると言う間欠歩行と言われる症状が特徴の疾患です。 続きを読む

広告