Chiari(キアリ)骨盤骨切り術 臼蓋形成不全、変形性股関節症の方へ。

 Chiari(キアリ)骨盤骨切り術と言う手術が有ります。
 これは臼蓋形成不全、変形性股関節症の方のための手術ですが、ご存じない方のために初めに臼蓋形成不全のご説明を少し・・・

 股関節の臼蓋形成不全とは先天的に、太モモの骨の頭(骨頭・こっとう、と呼びます)を骨盤に収めるための外側に飛び出したパーツがうまく形造られなかった状態を言う言葉です。
 この症状自体は、股関節自体に痛覚神経が無いために痛みが出るなどの問題は出ないのですが、骨頭が骨盤から離れやすくなってしまうために脱臼を起こしてしまったり、年数を経て変形性股関節症になってしまうリスクが高くなります。

 それは、臼蓋形成不全では骨頭が骨盤の受け口から外に飛び出すような状態になっているために、安定を求めて内に捻じれてしまうので、骨頭に片寄った体重のかかり方をするために変形が起こってしまうのです。
 つまり、骨頭全体で、体重や衝撃を受け止めていれば少ない刺激で済むものが、捻じれて一部分でしかその体重や負荷を受けていないために、軟骨を削ってしまい、軟骨が無くなり骨と骨がこすり合わさり骨が磨滅したことにより変形が進んでしまう訳です。
 そして多くの場合、変形性股関節症の発症する時期は、更年期の頃に多くなります。
 それは、閉経後にカルシュウムが不足したり、運動不足になったり、ストレスが増える、などの要因と合わせ、身体のクセ、歪みが大きくなり、さらに筋肉が弱くなり股関節を取り巻く筋肉のバランスが悪くなるために起こるからだと思います。

 そして、この状態を治そうと言うのがキアリ骨盤骨切り術なのですが、結局せっかくの手術したのに痛みが消えないと言う場合もあるようです。
 また、ある本などによると、この術後に仙腸関節痛が起こるケースが多いと読んだことが有ります。
 それは骨盤の形を変えても、股関節に対して働いている筋肉の強弱などは変わっていないから股関節の角度は術前と同じですし、手術後の歩けなかった時間で筋肉がさらに弱くなってしまう事も考えられます。
 こうした手術で抜け落ちている視点は、筋肉の状態及びその指針としての股関節の角度の整合性ではないでしょうか?
 骨盤をずらして臼蓋を形成しても 太ももの捻じれるクセ=筋肉の偏った緊張、がそのままでは同じように太ももは捻じれ、筋肉の緊張が痛みを作ってしまうからです。
 これは他の手術にも言えることです。
 膝の人工関節などでは一目瞭然ですが、手術後に膝がまっすぐ伸びていたのは最初の数か月などと言う事は残念ながら珍しくありません。
 同様に股関節の手術をしたのに、痛みが取れない、一度は取れていた痛みが再発した、膝や仙腸関節などほかの関節に痛みが出てしまった方もいらっしゃいます。(もちろん痛みが取れた方もいらっしゃいますよ)
 つまり、なぜそうなってしまったかと言う視点が無いために手術自体が根本的なアプローチになっていないのです。
 
 ですから、せっかく手術したのに痛みが出てしまっている方も当院の施術を受けられ、必要な筋トレをリハビリとして継続していく事により痛みを取り除いていく事をおすすめいたしますし、痛みが無い方も痛みがずっと出ないように保存するために、又これから手術を考えられている方も手術が成功するように筋肉の偏りを取り除くことは有効な事だと思います。

 そして、手術はしたくないと言う方はもちろんこの療法で保存できます!!
 股関節に関するいろいろな考え方が有りますが、股関節周りの筋肉のクセを取り除き、股関節の角度を最適にすることは必須の条件になるのです。
 股関節のあらゆるトラブルに、是非お問い合わせください。
 

 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中