城島君の走りに見る、O脚の弊害。

 24時間テレビで101キロの長距離マラソンを行う事になったトキオの城島リーダーを心配しています。
 私は日曜夜の鉄腕ダッシュの大ファンで、特にダッシュ村からの流れで、現在はダッシュ島のコーナーを家族で楽しみに見ています。
 そのコーナーでは、城島君が大活躍しておりますので、マラソンなどで故障をしてしまうと、島での作業に支障が出るのではないかと心配しています。

 もともと彼は猫背だなとは思っていましたが、改めてO脚のひどさに驚きました。
 さまぁ~ずの三村以上のO脚具合ですね。

 ですから、私がいつも書いてきたように、城島君も、走っていてもい歩いていても骨盤が前に出ていません。
 このため、股関節には内旋と言う捻じれが生じてしまうので、前荷重になりすぎふくらはぎが緊張を起こします。
 その状態を101キロも続けたら、さぞふくらはぎはつらかろうと心配になります。

 また、O脚の骨盤は後ろに寝てしまうので、その重さを支えるために腿の前面の筋肉が硬くなります。
 そしてその硬さは膝のお皿の動きを悪くさせ、膝痛を起こすのです。
 城島君も早速、左の膝にアイシングとかをしていたようなので、左脚が長いタイプのO脚ではないかと思われます。

 ある程度以前からきちんとトレーニングなどはやっていたのでしょうが、先日ジップで見た時には、O脚の人がそのまんま走っていると言う感じで、あまりいい走りに見えませんでしたので、少々心配になりました。
 本番までには回りのトレーナーの方々が、きちんとした走りを指導されるものとは思いますが、ダッシュ島に差障らない様に走ってね、とお祈りいたします。
 また、走った後にはぜひ当院にメンテナンスに来てください、リーダー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中