手の指の転位、へバーデン結節、ばね指

手の上向きP1000887
 上の写真は、手の上向きの物ですが、親指が内側に持ち上がっているようになっているのがお分かりになるでしょうか?
 60歳すぎぐらいの方の多くが少しづつ親指が内側に持ち上がってくるようになります。
 初めは痛みもなく、年齢によるものだろうと、気軽に考えていると、よく手を使う方はだんだんと朝起きた時にこわばりを感じ、それが少しづつ痛みになり、ひどい時には腱鞘炎やばね指になってしまいます。
 ですから手のひらを大きく外に開いたときに親指の広がりが渋ったり痛みが有るようなら、今日から矯正をスタートすることをお勧めいたします。

 また、下の写真では、指の第一関節が少し腫れているように見えています。
 第一関節に起こるこの腫れは、へバーデン結節、第二関節で起こる腫れはプシャール結節と呼ばれる症状です。
 西洋医学では、『年齢によるものですね』と言われて、処置なし、痛み止めの処方、手術が選択されるようです。
 しかし、これらの転位は、どちらも同じように、肩の前肩からスタートする屈筋(曲げるための筋肉で手のひら側の方までの内側にある筋肉群)の緊張により引き起こされている症状です。
 発症初期ならそれ以上転位させないように筋肉を緩めればいいのですが、結節は発症まで行くとかなりご本人の努力も必要になってしまいますから、発症させないように取り組むのが基本的に大事になります。
 しかし、まだ骨まで影響を受けていないばね指、腱鞘炎はきちんと矯正運動、矯正動作に取り組めばキチンと改善していきます。

 当院の考え方では、股関節が開くことにより骨盤が後傾・後ろに倒れた状態になり、重力のある地球上で生活する我々は、自然にその骨盤が後ろに行く重さに対して、前に重さのバランスを取るために、肩が前に出たり顔が前に突き出したりするわけです→猫背→前肩→肩から指までの屈筋の緊張→へバーデン結節・ブシャール結節ばね指・腱鞘炎・手根管症候群と言う筋肉の緊張の連鎖によるトラブルが起こってしまうと考えておりますので、全身のバランスを改善することにより、そうした問題を解決していきます。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中