寝相(ねぞう)と紐縛り

 寝相。
 特に子供の寝相は、すごいですよね!
 すごいと言うか、すさまじい、と言ってもいいかもしれません。
 狭い部屋で、親子で雑魚寝した時など、毎晩恐怖でした。
 部屋のはじとはじで寝たはずなのに、いつの間にか顔面に蹴りとか入れられて起きてしまった事も有ります。
 頭が逆に向いてしまっていたり、縦の布団に横に寝ていたり、とさすが子供、と言う感じです。

 
 ある整体の方々は、「寝相が身体の歪みを取り除くのだから、寝相が悪いのはいいことだ」と言われます。
 
 しかし、私の行う礒谷療法では「眠っている間の股関節の転位を防ぐために脚を3か所縛って寝ましょう」と言う事を言います。
 ですから、先日もある患者様が「どちらが正しいのでしょう?」と迷われておりました。
 確かに、寝相が身体の歪みを治してくれるなら、縛るなどはもってのほかですよね。
 そういう時には、私には臨床を通して得た知識が有りますので、そのお話をさせていただきます。
 「子供の寝相を見る時に、股関節に注目してください。 左右の股の開き方に偏りがあると思いますよ。 右脚が曲がって開いてる。 左を向いて寝ていることが多いなどです。 左を向いていれば、上になっている右脚の股関節が左の股関節より開いているのです。 寝相で身体を整えるのなら、右脚の長い子は寝ている時に左足を開いていなければバランスを取ることになりませんが、うちの子はやはり右脚が長いのですが、ほとんど右足を開いて寝ていました」、と。

 ですから、巷にあまたある健康法なども、鵜呑みにしないで、こうして自分で確認してみればいいのです。
一生の健康にかかわる事なのですから、このぐらいは手間を惜しまずに確認してみてください。
 
 縛って起こる、痛み、違和感は筋肉の緊張によるものがほとんどです。
 ですから、初めはきっちり縛れなくとも、じょじょに慣れていけますので、そのようなときはご相談ください。
 忙しい現代人の健康法として、寝ている時間で出来る紐縛り健康法は、まさに理想的なものだと思います。
 O脚のひどかった私は、3本縛って眠れるようになるのに1年かかりましたが、これは私の知る限りワースト記録です。
 女性なら、その日から、時間がかかっても、1~2週間でほとんどの方は3本縛ってお休みいただいております。
 
 紐縛りは、健康の為だけではなく、美脚作りにもうってつけ!!
 パンツスタイルのファッションの時に、やはり膝がつき、脛に湾曲が無い方がかっこいいですよね。

 最近はあまり学校でも家庭でも姿勢の事をうるさく言われ無いようで、猫背O脚の子が増えています。
 若いうちは筋肉がしっかりしていますから、あまり問題が顕在化しませんが、歪みが大きくなると、高校生でも肩こり、腰痛は今や珍しくないようですから、紐縛りも是非若いうちから習慣にすることをお勧めいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中