NHK あさイチ ふんどし やっぱり来たか~  股関節にもふんどし!

 先日あさイチの股関節特集の時にブログをかきましたが、その同じときに最近ふんどしが流行っている、と言う情報を紹介していました。
 私も実は、ここ7~8年ふんどしライトユーザーですが、そのころから一部の人たちの間ではふんどしがいい!と少しづつ広がっていました。

 私は、やはり脱着のイージーさから、どうしても普通のパンツが多くなってしまうのですが、ふんどしは気持ちがいいので気が向いたときに締めています。

 鼠蹊部の締め付けの無さが、爽快感を感じさせてくれるのだと思います。

 以前にも紹介したと思うのですが、以前私の知人で胃がんになった女性が代替療法で治療していたのですが、食養、自然療法のビワの葉温灸など様々な方法でガン自体は小さく、不活発な状態になってきているのに、鼠蹊部のリンパのはれがなかなか取れない時に、下着をふんどしにしたら、そのはれがすぐに消えた、と言う事をおっしゃっていました。

 私の好きな、西式健康法の西勝三先生は『西医学健康原理実践宝典』で、ふんどしをさらに進化させた、衛生下帯なるものを提唱されております。
 これは越中褌(越中ふんどし)
の紐による腎臓への圧迫を軽減すると言う改良がくわえられている優れものらしいです(残念ながら私もまだ未体験~)。

 また、以前「下着の締め付けが多くの病の原因だ!」とおっしゃっているお医者さんのお話を読んだことが有ります。

 女性はパンツだけでなく、さらに胸まで締め付けて、腋下のリンパまで圧迫してますから、やはり注意が必要だと思います。
 ふんどしは、身体が冷えやすい方、足にむくみがい起こりやすい方、足が冷えやすい方にもいいと思います。
 また特に股関節に疾患がおありになる方は、どうしても下肢への血流が悪くなり易いので、こうした下着の工夫なども積極的に考えられると良いのではないでしょうか?
 番組では、現代風ふんどしとでもいうべき、パンツ型のふんどしも紹介されていましたから、アウターへの影響も多分あまりないのではないでしょうか?
 私たちの生活の中でも、この様に習慣になってしまっていて、固定観念化したあまり体によろしくない習慣は他にもあるのではないかと考えさせられます・・・・。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中