6月2日 NHK あさイチ オンナの股関節を見て。 

 女性の股関節トラブルの特集をアサイチでやっていました。
 まず次の6個の質問に一つでも街頭が有る方は股関節のトラブルに気を付けましょうと言うお話で始まりました。

 ◎ 床や椅子から立ち上がる時や、長く歩いた時に股関節に違和感が有る。
 ◎ かって(もしくは今)激しい運動をしていて時々股関節に違和感があった。
 ◎ 椅子に座っていて足が組みづらい。
 ◎ 歩き方が変だと言われたことが有る。
 ◎ 靴下をはくことや足の爪がきりずらくなった。
 ◎ 時々股関節が鳴る。
 これは、たしかに。
 

 やはりこれらに該当が有れば、確かにこれらは股関節の状態のサインとして大事なものだと思います。
 番組でもレントゲンなどで自分の股関節の状態を確認することを進めていましたが、私もどういう状態なのかなるべく早い時期に知るのは有効だと思います。

 ただ、番組中に気になるポイントも有りました。
 股関節は本当に個人差が有りますので、こうした不特定多数の方に向けての番組では致し方が無いのだとは思いますが、下記の事などは特に注意が必要だと思います。

 ①ストレッチで、関節唇損傷を起こしたというケースに、無理をしたから、自己流で行ったから、と言う理由で、良くない、との事でしたが、どうしてと言う理由の説明は有りませんでした。
 このケースは股関節の開きすぎだったのですが、その理由を無理をした、とか自己流だからと言う理由では、勘違いをしてしまいそうです。
 ほかの文脈ではストレッチはいいんだけど、と勧めているのですから、どういうストレッチがどういう人にいいかまで、説明が欲しいです。
 例えば、X脚の方には、こうした開脚系のストレッチがいい場合もあるのです。(それにしましても、左右差が有りますから、どちらの足は大きく開いて、反対の脚は少し開いてと言うアドバイスが必要になります)
 個人差が有るんだよ、という事が大事なことだと思います。

 ②すり減った軟骨は元に戻らない、と説明していましたが、これは私の患者様でも再生した方はいらっしゃいますし、NHKの『ためしてガッテン』でも股関節の軟骨は再生するって言ってましたよね~。
 
 ③女性アナウンサーが『最近私は歩くときに膝が外に開くんですけど~」と言う質問に『それは緩んでいる筋肉が有るから~』「開いている方がエネルギーの消費が多くていいんですよ」 とおっしゃっておりましたが、それより腿の外側の股関節を外に引っ張っている筋肉の緊張が強いから、膝が外にひっぱられているのです。(確かに緊張が強い筋肉が有るのだから、その筋肉と対になっている筋肉は緩みますが・・・)
 それによりこの女性アナ、猫背になってます。(猫背の身体に与える悪影響は甚大ですよ)
 いくら消費するカロリーが高くても、鍛えなくていい筋肉を鍛えるそれは、エネルギーロスと言うものだと思います。
 
 ④タオル体操と言う床にひいた、タオルを足先を開いたり閉じたりしたり、またを開いたり閉じたりして内転筋を鍛える、と言うものを紹介していましたが、これも股関節の左右差を全く無視した運動です。 ある程度左右差の無い方が健康体操としてやられるのならいいのですが、すでに左右差が有る方には、その差が大きくなることが懸念されます。
  
 その証拠に、番組最後に視聴者の方から「さっそくタオル体操を行ったら、膝が痛くなりました」 と言う問い合わせが有りましたが、「膝がお悪いのでは・・?」とのお答えですが、そりゃないでしょ。
 脛とももとの関係でひざ痛は起こるのですが、ああいうシンプルな動きの体操はいろいろな注意するべきポイントが有りますが、そういう説明を言わないと多くの人にトラブル起こるのではないでしょうか?
 
 ⑤生理前に股関節がバキバキ鳴るんだけど、の質問に対して「?」でしたが、生理の時は骨盤が開くので股関節が外転(外に開く)しますし、体温が上がる関係で筋肉が弛みますから、既に開きすぎている方はこのような痛みや音が出ます!

⑥和式トイレは良くない、と言われてましたが、 良くないことはないんですよ。 ただ足先を真っ直ぐにしなくてはいけないとか、足首もやわらかくなくてはきついとか、現代人(?)にはきつくなってしまった大変いい習慣なんですけどね~。
 これと同じように、股関節の敵の様に言われる正座も同様にやり方が正しければとてもいい習慣なんですよ。

⑦平泳ぎは負担がかかるから痛ければやめましょう、みたいなお話ですが、平泳ぎはやはり股関節を開いてしまいますから、股関節痛が有る方はやめなくてはなりません。 すでに開きすぎていることが考えられます。
 水泳もお勧め、との事でしたが、水中で使う筋力は重力下で使う筋肉とは違います。
 あくまでも筋肉を少し緩めるぐらいのつもりで水泳をし、きちんと重力下で必要な筋肉の筋トレを行いましょう。
 また、水泳で身体を冷やすのはかえって良くありませんからご注意を。

 ⑧スクワットはいい運動ですから、どんどんやりましょう」との事ですが、スクワットは足先、ひざ先の角度が最重要なので、個人個人に合わせた個別の指導が必要になりますし、やはりシンプルな運動なので人により様々な注意が必要になります。

 皆さんも、こうした情報にはくれぐれも気を付けてください。
 股関節の問題は、股関節の角度の問題で、それには個人差が有ります。

 万人にいい股関節体操とかはなかなか有りません。
 やられるなら、少しづつ気を付けて行い、痛みが有ればすぐやめることが大事です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中