歩くと曲がる人

 以前スカートが自然に回ってしまう人、と言うテーマで書いたことが有りますが、多くの方が『実は私も…』とおっしゃいます。
 ズボンは2本足にすっぽりといれているためにそんなに回ると言うほど回りはしませんが、スカートの場合はストッパーが無いのでどんどん回ってしまいますよね。
 これは骨盤が前、前方に出る癖であるとご説明をしました。

 これは股関節に開く癖が強い場合が多いのですが、もしくは股関節の内に捻じれるクセが強いためにも起こることが最近判明してきました。
 ですから、ご自分での判別方法としまして、スカートの回る方向が右→左の方はで体重を左足に乗せる方が右にかけるより楽な方は右脚が長い、と言う事になります。
 また、同じように、右→左にスカートが回るけど、体重をかけるのが右の方が楽な方は左脚が長く右足に内に捻じれるクセが強いと言う事になります。
 
 で、本日の本題ですが・・・前を歩いている方がスーッと左に曲がっていく、等と言う光景を見たことがあるのではないでしょうか?
 これも先のスカートが回ると同じ理由で起きる現象です。
 これは、片側の骨盤が前に出る癖が強いために、そちらの一歩が大きくなっているのです。
 さらに大きくなっていると言うのをもう少し正確に言うと、骨盤ごと前に出るために反対の骨盤が出ない事により足だけが出ている側との差があると言う事なのです。
 つまり、左に曲がる方は右の骨盤が前に出ている。
 右に曲がる方は左の骨盤が前に出ている、と言う事です。
 いかがですか?
 ご自分が歩いている時にはどちらに曲がるでしょう?
 室内で簡単に検査するには、足踏みして安全な場所で目をつぶり、その場足踏みを1~2分行ってみると、足先がどちらかに曲がってはいないでしょうか?
 こんなことからも自分の歪みはチェックできます。
 また、前を歩いている方がどちらに曲がりそうか予想を立てるのも、追い抜くときなどにぶつからなくするために役立つかもしれません。
 ◎まず後ろから見て、左にベルトラインが上がっている方は左が長い方なので右に曲がる。

 ◎比較的肉付きがいい方は、消化器が強いことが予想されるので右脚が長いために、左に曲がる。

 ◎肩のラインは基本的には左下がりの方は左脚が長い事が多いので右に曲がる。

 ◎左肩甲骨のあたりが盛り上がっている方は右脚が長いので左に曲がる。

 もちろん人間の身体は十人十色ですから、こうした一般論ではくくりきれませんが、傾向はつかめると思います。
 こうしたことは、身体の歪みの一つの現れですから、ご自分で思い当たるふしがございましたら、ご相談ください。

 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中