霊気・レイキに関する事。

 私がレイキに出会ったのは、もう15年ぐらい前の事です。
 私は、もともとスピリチュアルな事が好きで、私自身が高校生の頃毎晩のように金縛りに有ったり、霊を見たりの経験をしておりましたが、この業界に入ると、患者様からの影響を強く受けるのを感じていました。

 夜になると急に自分の肩が重たくなったり、どこかが痛くなったりすることが多々起こるようになったのです。
 整体の学校でも、そうした影響の事は「マイナスのエネルギーの影響は怖いから、お一人施術が終わるごとに、手を肘の上まで洗うと良い。 施術後は手先を振ると良い。」などと説明を受けていたので、そのようにしていたのですが、どうしても影響を受けてしまっていたのです。
 そして、そういう時には霊感の強い友人にエネルギーを払ってもらうと、瞬間で重さや、痛みが取れたのです。
 しかし、その彼はそうした事を本業にしている訳では無かったので「自分で何とかできるようにしたいんだけど」と相談すると、「中目黒にすごい人がいるから、一度行ってごらんよ」と連絡先を頂き、お伺いしたのがナ・ムーの成瀬先生だったのです。
 先生は当時レイキをやられていらっしゃったのですが、レイキを受けると身体が軽くなるのはもちろん目を閉じて手かざしを受けていると、目の裏側に様々な色や光がきらめき、帰り道はどこを通って帰ってきたのか分からないほど恍惚とした状態になりました。
 そして、自分のエネルギーの状態が整うとお客さまからの影響も受けなくなりました。
 こういうエネルギーの話を信じない方にとっては「?]と言う話かもしれませんが、それでもテレビなどで「オーラの泉」などがごく一般的になり、ヒーリングストーン(成瀬先生は知る人ぞ知る、ヒーリングストーン創生期の第一人者です)、パワースポットなどが当たり前になった現在では、そんなに不思議な話と取られることは無くなってきたとは思います。
 そして、レイキを習ってから手先の感覚は各段に鋭くなったと感じています。
 現在は治療時間等の関係でレイキをしっかりやる時間は取っておりませんが、施術の中にレイキエネルギーの意識は時々混ぜております。
 やはり、身体が気持ちよく動く、気がよどみなく流れる、血がサラサラと流れる、気持ちもとらわれが無く今に集中できる、そして感謝して生活できるという事は全てが繋がっているのだと思うのです。
  今日このような昔の事を書いたのは、先週末に1年半ほど前にナ・ムーの滝行に同道させて頂いたときの仲間から連絡をもらい旧交を温め、さらに昨日ナ・ムーの道場開きに家内と参加させて頂き、『レイキもやっぱりいいな~』との思いを新たにしたからなのです。
 ナ・ムーの先生方、滝仲間、ありがとうございます。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中