お問い合わせいただきましたご質問・・・メールが返信できませんのでこちらでお答えいたします。

 ご質問ありがとうございます。
メールに返信させていただきましたが、なぜか送れません。
他にご質問にお答えする方法を思いつかないので、こちらでお返事させていただきました。

  お問い合わせ・ご相談内容:
 最近左膝に違和感があり整形外科でレントゲンを撮った結果左膝の軟骨が少し減っているとの診断。
 このまま行くと膝が変形してO脚になってしまうのかと恐れています。
 何か治療方法は有りますでしょうか?

お答え
 膝の違和感は、どのあたりに強くお感じになっていらっしゃるのでしょうか?
 違和感の場所により、大体の足の状態が想像できますが、どこの痛み、違和感にしろ外傷的なものでなければ、腿と脛の骨のねじれによる緊張がその原因となります。
 お立ちになった時に足先が開いていたり、横座りなどはされてませんでしょうか?
 そうした、もろもろの生活習慣などの積み重ねで、関節の面が真っ直ぐに合わさってない状態になっていると思われます。
 当院の治療は、股関節の矯正をお受けいただき、太ももの筋肉の状態を真っ直ぐにして、その状態をキープできるように日常生活のルール、歩き方、立ち方、座り方をご説明させていただき、またしっかりと安定した筋肉の状態を作るための簡単な体操などにお取り組みいただきたいと思います。
 温めたりした後は、いくらか状態は良くなりませんか?
 筋肉を緩めていい状態が出来ても、無意識な生活、そのままの筋肉の状態では、そうしたゆるみも一過的なもので終わってしまうのは実感されていらっしゃるのではないでしょうか?
 痛みは体からの『歪んでるよ、何かがおかしいよ』と言うサインですから、痛みを取るだけでは、ご心配されていらっしゃる通りに、おおもとの股関節の状態は、(たぶん、多くの方がそうなので)O脚へと進行していくと思います。
 当院の治療はそうした一過的な痛みをとるだけの方法ではありません。
 最近、人気のお医者さんの本でも『鍛えれば100歳だって筋肉はつく』とおっしゃっています。
 老化は足からですよ、ぜひ調整をお始め下さい。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中