猫背の日? 2月22日

 今日は猫背の日らしいですよ(もやサマのナレーション風に)。
 ご来院のクライアント様からの情報で、ニャーニャーで、猫の日ならぬ猫背の日と言う事らしいですが、当院は股関節・骨盤矯正を歌っておりますので、便乗させて頂きます(笑)
 最近はホントに、猫背は悪いと言われるようになってきましたね。
 イソガイ療法が誕生した70年前には、多分同じことを言っても「何言ってるの?」と言うような反応がほとんどだったろうことを思うと、その道の先駆者のご苦労がしのばれます。
 ところで、私が今までで一番「猫背は怖いな~」と思ったのは、以前にもご紹介していると思いますが、イソガイを勉強に来られた西洋医学の先生がされた「イソガイはすごいですよ。 以前働いていた呼吸器の病院で、ぜんそくでお亡くなりになった方は、みなさん右脚が長かったんです。 そして皆さん猫背だったんですよ」さらに「まず、イソガイで言っている右骨盤が高くなることにより、背骨が左に曲がり呼吸器関係の自律神経に左右差による圧力が倍かかり、さらに猫背による前後の歪みが倍かかるので、神経にはイメージ的に倍の倍で圧迫が起こってるのではないでしょうか?」と言うお話です。
 イソガイでは右脚が長いと呼吸器、循環器に問題が起こると言っています。
 これは先代が臨床の中で見つけた一大法則です。
 皆様の中でもぜんそくや、不整脈、狭心症などの症状がある方は、今椅子に座っているなら、どちらの膝が前に出ているか確認してください。
 右の膝が前に出ているようなら、体重は左に乗ってしまっている可能性が高いです。
 椅子から立ち上がり、どちらかに一歩進んでみてください。
 右脚から出たのなら右脚が長い公算が非常に高いです(立った瞬間に重心が左にあるために体重の乗っていない右足から歩き出すのです。 また立った時に重心が左にあるのは骨盤の右が高いことにより自然に起こってしまっているのです)
 この様な時は、右を見ながら椅子に腰かけ直ししっかりと右の骨盤に体重を乗せるようにして下さい。
 また、立った時は必ず右足に体重を乗せ、歩きだしを左からに習慣付けるようにして下さい。
 初めは煩わしく思うこのような意識的な動作もそのうちに習慣になってしまうのです。
 初めはどういう姿勢がいい姿勢か、本人には分かりづらいのですが、繰り返すうちに習慣になり、体操などによりいい姿勢が当たり前になってくるのです。
 万病は姿勢から、猫背からと言っても過言ではないのです。
 特に寒さで体は丸くなり易いこの季節、もう少しで温かくなるでしょうから、背筋を伸ばしてお過ごしください。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中