内藤真礼生先生&鈴木昭平先生の講演に行ってきました。

 ブルークリニック青山の内藤先生は以前お客様から「発達障害などの検査でいい先生がいらっしゃるわよ」と、教えていただいたことが有り、一度お話を聞いてみたいと思っていたのですが、19日の日曜日にいつも資料を頂きやはり興味があったエジソン・アインシュタインスクールのセミナーでお話しされるということで、即参加を決めました。
以前にも書きましたが、私の長女は発達障害があり現在特別支援学級の1年生なのですが、常に彼女の成長にいいものはないかと探しているのです。
 内藤先生は代謝の専門家でいらっしゃるのですが、ためになるお話が聞けました。
 代謝とは何か? どういう検査でどうして代謝の問題が検査できるのかわかりやすくお話いただき非常に興味がわきました。
 また改めて、なぜ自閉症や発達障害が増えているのか?
 という問いには、科学的なデータでの推測になるのですが、非常にインパクトのあるお言葉がありました。
 『最近まで人間は土と木でできたいたが、今人間はプラスティックでできている』と言うものです。
 ◎人間1人当たり合成化学物質は、平均91種類身体から検出されるそうです。
 ◎飲料水の三分の一に殺虫剤にも使われる神経毒素が含まれている。(これにはやはり当院でもおすすめの逆浸透膜の浄水器ですよ!!)
 ◎最近問題になってきた、柔軟剤や洗濯石鹸、消臭剤・芳香剤などに含まれているフタル酸は男性ホルモンを低下させ、男児に多くの自閉症が発症しているのではないか。
 などの大変怖い、そして気を付けなくてはいけないことを教えていただきましたが、そうした化学物質は、私も昨年から非常に注目している小腸にダメージを与えるそうです。
 ですから、自閉症の子では90パーセント以上でアレルギー陽性になるという事でした。
 今回のセミナーは、他にもスクール代表の鈴木先生の熱いお話、ご自分のお子さんの体験を語られた栄養士の木村さんのお話と大変有意義でした。
 鈴木先生も、発達障害は「いい血をたくさん流すことで改善する」と言い切っておられましたが、これは私も考えてきたことです。
 私の場合のアプローチは、体を整えるという事と東城先生の自然療法などによる食養によりましたが、スクールの方法や内藤先生の方法も合わせれば効果は高くなると思いますので、研究していきたいと思いました。
 
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中