脚を組むのは問題ないの?

 最近読んだ整体関係の本で『脚を組むぐらいで骨盤が歪んでしまうなら、チョッと何かやればすぐ身体が歪んでしまう事になるんだから、そんなことは有りません。 私も脚を組みますが問題は有りませんよ』と言うようなことを書いている人がいました。
 確かに1回、2回脚を組んだからと言って、それが骨盤などを歪めてしまったら大変です。
 では「なぜ、脚を組みたいんですか?」と私はこの方に質問したいです。
 「なぜ、脚を組まないで座った方が安定しているのに脚をわざわざ組まなければならいのでしょう?」
 それは、すでにある身体の歪みが、そうしなければ落ち着きが悪く感じてしまっているだけの話なのです。
 私もイソガイを勉強する以前は右足を上に組まないと座っていて落ち着きが悪く感じていました。
 私の身体は左足の股関節が開いているので、一般的には左足を上に組んだ方が楽な歪みなのですが、剣道をやっていたために右の骨盤が前方に出やすい癖を持っているために右足を上にして右重心が楽な姿勢だったのです。
 しかし、今では脚を組むと股関節も痛くなるしバランスが崩れるので、まったく脚は組みたくなりません。
 このように脚組みをするのは、ただの身体の歪みなのです。
 脚の組み方にも人それぞれ組み方が有りますが、脚組みをする時に上に乗せやすい脚は、男性に多く見られる、脚を外に大きく開いてもう片方の脚に乗せるやり方だと、股関節が外に開いている方の脚が上になり易くなります。
 また、上に乗せた足を下の脚に絡ませるような組み方の場合だと、骨盤が前に出やすい方の脚が上になることが多くなります。
 そして、脚を組むのが癖の人は立ってる時もどちらかの脚が前に出ていたり、正座をしてもどちらかの膝が前に出ていたりと四六時中その歪みで生活している訳なのです。
 また、最近は上に組んだ足をもう片方の脚に絡みつけるような座り方をしている若い方を見かけることが有りますが、これなどはかなり太ももとスネとに捻じれを生じさせているので、血流なども相当悪いことが想像されます。
 一事が万事、と言いますが、身体の歪みこそその最たるものなのです。
 股関節を矯正し、身体の歪みを取り除き、脚を組まなくても楽に座っていられるような身体の状態にしていきましょう。
 結局そうした癖が、腰痛、肩こりから生活習慣病、難病まで全手の不調につながっていくのは歪みが血流、リンパの循環を悪くしてしまうのですから。
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中