月別アーカイブ: 12月 2013

最近本やテレビでふくらはぎモミがいいと言われていますが、ほんとにいいのですか?

 ふくらはぎをもむ健康法が有りますが、ほんとにいいのですか?と言うご質問を頂きました。
 私も本屋さんでチェックしてみましたが、『人によりけり』だと思います。
 確かにふくらはぎは第2の心臓と言われる通り、重力に逆らって血を心臓まで送り届けるためのミルキング作用を行う筋肉だから柔らかいのにこしたことは無いのですが、問題は「では、なぜふくらはぎが硬くなっていたのか?」と言う事なのです。 続きを読む

広告

脳はバカ、腸はかしこい 藤田紘一郎先生

 ご自分の身体の中でサナダムシを飼ってらっしゃることで、有名な先生のご本です。
 色々面白いお話が紹介されておりますが、例えば恋愛の最初に時期にはドーパミンが出てドキドキワクワクとした気持ちになるが、2年もするとドーパミンはあまり出なくなり、βーエンドルフィンが出始めることにより、ドキドキするような感情ではなく、安心感、休息感を感じるようになるが、 続きを読む

食養・・・・結局自分にあったもの。

 済陽先生の本をご紹介した時に、色々な方法のいい所取りをされてると言う話を書きましたが、西式健康法の甲田先生の本の中に『まさに!!』と言う文章を見つけましたので書こうと思います。
 マクロビオッティックをを作られた桜沢先生は、桜沢先生ご自身の体質、陰性体質に合った食養を作られたのであり、二木先生は先生の体質、陽性体質に合った食養を考えられた。 続きを読む

晩期がん 再発ガンも「食の力」で消せる 済陽高穂著 青志社刊

 最近はガンのクライアントの方も増えてきましたので改めて食養も勉強しなおさなければと思い、何冊か読んだ本の中でこの本はうまくまとまっていて、お奨めの1冊です。
 食養も最近は本屋さんに行くとたくさんあって何がいいのか、それぞれどう違うのか混乱してしまいますよね。
 私は食養に関しましては、基本的に東城先生の自然療法が考え方のベースになっています。 続きを読む

ゴーヤグリーンカーテン、わずか10日で・・・

DSC02692DSC02694
 11月27日のブログで頑張ってくれてる当院のゴーヤを紹介させていただいたのですが・・・・・
ここ何日かの寒さで、ゴーヤいきなりピンチです。
 年を越してもらいたかったのですが、今ある葉っぱも紅葉してきてしまいました。
 葉っぱの数も激減ですが、今日は12月6日なので、過去最高に長生きなゴーヤです。
 沖縄ではやはり、今頃まで葉っぱ青々しているのでしょうか?
 禰覇社長いかがでしょうか?(以前の仕事仲間で現在、沖縄でインテリアのお店をやっております)
 最後の1葉まで見届けたいと思っております。
 しかし、ほんとに楽しませてくれたな~。
 下の写真は寂しくなったグリーンカーテンの下にある、カニシャボテンの鉢、つぼみがふくらみはじめてます。 
 大家さんがくださった大輪のかにしゃぼ! 楽しみです。

脚を組むのは問題ないの?

 最近読んだ整体関係の本で『脚を組むぐらいで骨盤が歪んでしまうなら、チョッと何かやればすぐ身体が歪んでしまう事になるんだから、そんなことは有りません。 私も脚を組みますが問題は有りませんよ』と言うようなことを書いている人がいました。
 確かに1回、2回脚を組んだからと言って、それが骨盤などを歪めてしまったら大変です。
 では「なぜ、脚を組みたいんですか?」と私はこの方に質問したいです。 続きを読む

映画『大津波の後で』を観てきました。

 先週の土曜日に地元小金井の福祉会館で『大津波の後で』と言う、3・11から10日目ぐらいに現地で取られたドキュメンタリー映画を観て来ました。
 3.11から2年9か月が経ち、震災と自分との距離感があいまいになり始めた今だからこそ、見ておきたいと思いました。 続きを読む