月別アーカイブ: 11月 2013

秋ゴーヤから冬ゴーヤ。

DSC02685DSC02686DSC02686DSC02688
 11月27日現在の当院のゴーヤグリーンカーテンです。
 どうですか? これだけ寒さも増してきているのにこの緑具合。
 さすがに、葉っぱの数も減ってきましたが、まだまだ元気に目を楽しませてくれています。
 夏の間は暑さにやられたのか、今一元気のなかったゴーヤ君たちですが、秋に入ったあたりから、温存してた体力で少々退屈な屈伸運動の私たちの目をなごませてくれました。
 自然の造形は見ていて見飽きると言うことがないし、お花に飛んでくるたくさんの蝶や蜂、葉っぱに止まっているテントウムシ、葉の裏側でジッと虫を狙うカマキリなどたくさんの生き物がほんとに楽しませてくれましたし、収穫したゴーヤはわが家をはじめ、タイミングが合ったクライアントの方々の食卓の一品になってくれました。
 12月まで緑を維持できるかが、現在の目標です。
 
 

広告

玄米ヨーグルト

 以前、ナチュラル・ハイジーンの本を紹介した時に文中で「玄米ヨーグルトを食べています」と書きましたらクライアントの方から、『どうやって作るの?』 『調子はどう?』とご興味を頂きましたので今回はこの玄米ヨーグルトについて書きたいと思います。 続きを読む

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)…ビフィズス菌とか?

 ここ何年か多くの人が腸内細菌の事に興味を持ち、ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品などを意識的に日常生活に取り入れられていらっしゃいますね。
 放射能の身体への影響を考えて発酵食品を良くとるようにしている、と言うようなお話も良く耳にします。 続きを読む

尺側変位の方の手の使い方…リウマチの方のリハビリだけではありません。

 先日TVで、リュウマチの治療に関しての番組を見ましたが、その中で手の尺側変位の方の手のリハビリを紹介していました。
 尺側変位とは、前腕(ひじから先の部分)に2本ある骨の小指側にある細い方の骨を尺骨と言いますが、手のひら全体がその尺骨側、つまり小指側に引っ張られている状態をそう言います。 続きを読む

イソガイ療法の屈伸運動/…体にいいことと悪いことのバランス

 イソガイ療法では、股関節の矯正を行いますが、そのために様々な方法がそれぞれの目的のために効果的に組み合わされています。
 その中でも、一番重要で効果が高いモノは何ですか? 
 と問われれば、屈伸運動! とお答えしています。 続きを読む

ゴボウ茶の南雲先生の歩行方法に関して。

 前回、本を紹介させて頂くブログで南雲吉則先生の本の中に合った歩行方法に私は納得がいかない旨を書きましたが、具体的にどこがどう、考え方が違うのかをもう少し詳しくお話したいと思います。
 『「空腹」が人を健康にする』サンマーク出版 の中で、先生は3分間歩いただけでも10000歩分の後利益のある歩き方『南雲流』として、
 ①たるんだお腹を引っ込めて胸を張る  
 ②手は軽く握って
 ③最大歩幅でどんどん歩く
 と言う方法を紹介されています。 続きを読む

食養…これも大事ですね。 南雲先生とナチュラルハイジーンの2冊

 私は好奇心だけは昔から強く、食に関しましても色々自分で試してみたりはしていましたが、今だこれだ!と言えるスタイルは確立しておりませんでした。 (基本的に玄米食、野菜多め、具合が悪ければ週末断食位の事はやっておりますが)
 オーストラリアで暮らしていた時は、友人と無茶な断食で宿便を出すのに挑戦したり、大根と玄米だけの食事をしてみたりもしました。 続きを読む