脳梗塞・・・繰り返す理由

 以前にも書きましたが、私の父親は現在脳梗塞の後遺障害で入院リハビリ中です。
 父は残念ながら、自分で努力して体調を管理すると言うタイプの人間ではないために、私の勧めの紐縛りや屈伸運動は一切受け付けず、お医者様が大好きで薬漬けで、運動をしない生活を送っておりましたので、脳梗塞はこういう生活をしていれば起こるんだな~と改めて痛感させられました。
 そして、礒谷公良先生の残された股関節と身体の歪みの因果関係が、ハッキリと表れるのには驚きました。
 父は右片麻痺が残ったのですが、いつ病院に行っても右の腿が外に開いています。
 これは右の股関節が開きすぎたために左の脳にダメージが生じ、その結果右半身に麻痺が残っているのです。
 そして、右股関節 が開いて内に捻じれた筋肉の緊張で左目の内斜視が起こっていました。(現在は治っています)  ですから、イソガイは脳梗塞のリハビリに必ず効果があると確信を深めました。 
( もちろん公良先生がイソガイ療法を発見されたのも片麻痺や小児麻痺の方々の跛行(びっこ)の改善からなのですから当然の話なのですが、実体験を通して思いがより深くなったのです)
 で、問題は片麻痺が残られた方の歩行なのです。
 例えば父ですが、先ほど申しましたように右股関節が開き右脚が長くなっていますから、矯正のためには右足に体重を乗せるために右手に杖を持ち左の足を大きく出さなくてはバランスのとれた歩きにならないのですが、右手も麻痺しているのでどうしても杖を左手に持つことになります。
 そうすると、どうしても体重は左足に乗り、右脚が大きく前に出てしますし、しかも麻痺により、ぶん回し歩行と言う外側に大きく回って前に出るような歩行になるので、右脚はますます開いてしまい身体の歪みは大きくなり、それが脳梗塞の再発につながっていく一因になるのだと思います。
 せっかく大変な思いをして、リハビリと思い歩行の練習をしても逆効果になるのでは、お気の毒過ぎます。
 是非脳梗塞の後遺症のリハビリに頑張られていらっしゃる方はご自分の身体の歪みに気を配り、効果のあるリハビリをされることを願ってやみません。
 また、ご家族に脳梗塞をやららた方がいらっしゃいましたら、ぜひ寝ている時の股関節の状態を良く観察してみてください。 
 きっと私の言っている事をご理解いただけると思います。
 
 
 
 
 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中