声が出る!  声量アップ…呼吸が深く。

以前にお通い頂いておりましたお能の役者さんが「舞台の前には礒谷に来て矯正を受けると声の出がいいんだよ」
とおっしゃっていましたが、私自身歌を歌うわけではないので、声が出るか出ないかはよく自分では分かりませんが、矯正を受けた後は呼吸が深くなるのを感じます。
 私はO脚のタイプなのでお腹の前側に緊張が起こり、猫背になり易いので多分普段から横隔膜に緊張が有るのだと思いますが、それが矯正により緩むことによりしっかり息を吐くことが出来、また胸の前側の息をたくさん吸うために肋骨などを広げてくれる筋肉がゆるむことにより息を大きく吸事も出来るようになると思うのです。
 最近もコーラスをやられているお客様から「最近声が出るようになったのよ」とうれしいご報告を頂きました。
 私の感じている呼吸が楽に出来ると言う事が、きっと声の出方にもいい影響を与えたのだと思いますし、胸の周りの緊張がゆるみ胸の中で声が反響できたのかもしれないなと思いました。
 また、よくお客様に「呼吸はどうすればいいですか?」と聞かれることが有りますが、このご質問には私の太極拳の師匠のアドバイスをお伝えしております。
 それは「呼吸は、身体がきちんと出来てきたらきちんと自然に出来るようになるから、そんなに意識をする必要はないですよ」と言うものです。
 確かに身体の左右差などが取れてバランスがいい状態になると呼吸もだんだんと深く出来るようになってきます。 
 呼吸が深くなると言う事は、それだけガス交換が出来るわけですから、治療の眼目として当然成し遂げられるべき目標ですが、声量を上げるだけのためにわざわざ通われる方はあまりいらっしゃらないでしょうが、これはうれしいおまけですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中