足育(そくいく)・・・大丈夫かな~?

先日テレビで、『子供の脚が危ない!』と言うニュースをやっていました。
指が全然開かない子や、足の形の変形などが非常に増えているので、足育をテーマに足に良い靴などを開発しよう、と言うような動きを報じていました。 もう、前の事ですが、私も驚いたのが、子供靴売り場で一番人気の左右非対称シューズの存在です。
グラウンドの左回りでパフォーマンスが上がるように左から右に流れるような靴底のスレッドが左右対称では無く、左脚底では外から内広がり、右脚底では内から外広がりのパターンが刻まれているのです。
確かに陸上競技で記録を争う時に履くのにはいいのかもしれませんが、子供はそれを一日中履くんですよね。
しかも信じられないのは、ある日帰宅した私の目に自宅の玄関にその靴が置かれていたことでした!
「じぇじぇじぇ!?」 何とうちの奥様が「安かったから」と言う理由でその靴をご購入されていたのです。
もちろん靴はもったいないですが、処分です。
いつも左回りの負荷が身体に掛かると言う事は、常に右の骨盤が前に押し出されることになりますから、右の股関節が開き右の骨盤が押し上げられるために身体が歪んでしまいます。
こうした状況は、しかし子供に限ったことでは有りません。 我々が履くスニーカーもほとんどがスポーツをするために作られています。
スポーツはスピードをを重視しますから、当然少し前重心の方が出だしを良くするために、かかとを高く作るようです。(これは股関節の内捻じれを誘発する可能性が高いのです)
また、舗装路でのランニング、履き心地などを考えてのことでしょうが、クッションが柔らかく出来ているので、履いた人の重心のかかる癖を助長してしまう傾向が有ります。
ですから、スポーツのパフォーマンスを上げると言う事と健康な歩行、生活をすると言う事をきっちり分けて考えて靴なども選ばないといけないと言う事です。
子供の靴に関しては、特に身体がしっかり形造られる大事な時期ですから、本当に身体に良い物を安く提供してくれることを願ってやみません。
本当に子供靴探すの毎回苦労しています。

広告

足育(そくいく)・・・大丈夫かな~?」への2件のフィードバック

  1. 鴨下先生

    質問があります。

    『舗装路でのランニング、履き心地などを考えてのことでしょうが、クッションが柔らかく出来ているので、履いた人の重心のかかる癖を助長してしまう傾向が有ります。ですから、スポーツのパフォーマンスを上げると言う事と健康な歩行、生活をすると言う事をきっちり分けて考えて靴なども選ばないといけないと言う事です。』

    先生のおっしゃる通りだと思います。しかし、私は以前、Vibram 5 fingersという5本指ソックスの上履き版みたいな靴で、高尾山を縦走していました。私の知り合いのトレイルランナーの多くが、同じように底の薄い靴でトレイルランニングをしていた時期がありました。

    そのような靴を履き始めて1か月もたたないうちに、皆さんそろって、足首や脹脛の筋断裂などの故障が出始めました。私自身は幸い筋断裂にはなりませんでしたが、脹脛に今までない筋肉痛が残るようになりました。

    山のような地面の柔らかいところでさえ、そのような故障が起こるので、舗装道路などでジョギングに薄い底のシューズを使い始めた方は、もっと大きな故障を持っていたかもしれません。

    前置きが長くなりました。

    薄い底の靴が我々の健康に有効だとしても、それまでクッションの効いた厚底のスポーツシューズを履いてきた人たちは、どのように薄い底の靴に慣れて行けばいいのでしょうか?

    1.自分の足の状態(外旋・内旋等)や癖を知る(現在の足の動きに応じた筋肉の付き具合を知る)。

    2.本来あるべき状態へ戻すべく矯正運動をする。

    3.矯正運動の延長として、普段の生活に薄い底のシューズを使用する。

    4.矯正運動で歪みがとれて来たら、少しづつ薄い底のシューズで負荷を掛けていく(軽いジョギングとか)。

    こんなイメージでしょうか。

    いいね

  2. 薄底で激しいトレーニングはやはりきついんですね。ですから徐々に慣らす1号さんの提案してくださった道筋でいいと思います。 まずは自分の身体の癖を知り、走り方の癖を知り、癖を矯正して走らないと、身体を痛めることになってしまうと思います。 本来、身体を修正する間は一度、競技をお休みすれば一番早く肉体改造も進むわけです。 しかし、多くの方が競技を続けながら癖を治したいと考えられます。 当院でも現在テニス、ゴルフ、ランニング、サッカー、ボクシングなどの競技を楽しみながら、クセを取り除きながら(痛みや病気を含めて)、競技のパフォーマンスを上げようとされている方々がいます。 病気や痛みの状態によってはお休みしていただく方がいいとアドバイスさせていただくこともありますし、深刻な状況でなければ、どうフォローできるかをご提案させていただきます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中