月別アーカイブ: 5月 2013

足育(そくいく)・・・大丈夫かな~?

先日テレビで、『子供の脚が危ない!』と言うニュースをやっていました。
指が全然開かない子や、足の形の変形などが非常に増えているので、足育をテーマに足に良い靴などを開発しよう、と言うような動きを報じていました。 続きを読む

広告

外反母趾の痛みと靴の中敷き…+股関節でしょ!

 外反母趾の痛みは、ハイヒールなどを履くために女性に多いと思われている方も多いと思いますが、たしかにそれも原因の一つですが、関節の柔らかさも大きな原因となっています。 続きを読む

本当のことだから・・・山元加津子  三五館刊

 患者様のお勧めで読んでみましたが、面白いです。 
 自閉症など、いわゆる障害者の教育にかかわってこられた山元先生の視点も自然で愛情にあふれていて、とても感動しました。 続きを読む

せっかくの手術が・・・リハビリの大切さ。 

 私の友人に、高校時代にバスケットで手の親指の腱を断裂してしまい、手術によりきちんとつなげてもらったのにもかかわらず、リハビリが足りなくて親指の曲りがもともとの可動域からすると多分5分の1ぐらいになってしまった男性がおります。 続きを読む

障害児…歩き方の問題

 やっぱり障害時って、呼び名どうにかなんないですかね? 私は自分の娘は『ゆっくりチャン』と表現していますが・・・・
 で、うちの娘ですが、皆様のおかげで今春から、健常者の高校にあたる特別支援学校に元気に通学をしております。
 娘は、広汎性発達障害とカテゴリーされている障害で、この様に一人で通学したり、犬の散歩に行って犬友達を作ったりと生活力は頼もしく感じますが、お勉強はやはりかなりゆっくりチャンです。 
 その彼女の歩き方が本日のテーマなのですが、O脚、外股、ペタペタ歩きなのです。 続きを読む