座った姿勢からの1歩目がつらい~

 桜も葉桜になり入学式に桜満開とはいきませんでしたが、今日からピカピカの1年生も多くいらっしゃいますね。 
 春は冬の身体から夏の身体に切り替わる大事な季節ですが、気圧の変動も激しく、それこそ新生活の変化なども重なり色々と身体に変調をきたしやすい時期でもあります。 
 皆様どうぞ、肝臓に気を付けてお過ごしください。
 さて、腰痛などの方は「どういう時が一番痛いですか?」と言う問いに、「動き始めの1歩がつらいです」とお答えになる方が多くいらっしゃいます。
「車から降りる時の1歩目が・・」 「朝起きたときの1歩目が・・・」 『椅子から立ち上がり1歩目を踏み出す時が・・・」 
 人間の身体は動くことにより代謝すると言うメカニズムが有るために、動きの無い時には確かに疲労物質もたまっているので、動き出しが渋ると言う事も考えられます。
 しかし、それだけで短時間椅子に座った事により、腰に痛みを感じるほど疲労物質がたまるものでしょうか?
 皆さんエコノミー症候群と言う名称をお聞きになったことがおありになるでしょう? これは、長時間エコノミーシートなどの狭い空間で動かずにいると血流が悪くなり血栓が出来て、血管が詰まるいわゆる梗塞を起こす怖い状態のトラブルですが、こういう状態と同じ事なのでしょうか?
 いいえ、話はもっと単純なものなのです。 つまり姿勢の悪さから腰や骨盤などの関節に余計な負荷が掛かり、特に股関節に負担が掛かったために歩き出しの1歩目が渋るのです。
 寝ている時の姿勢や、寝具、枕と身体との関係。 座っている時の姿勢。 車を運転している時の姿勢。 当院では、そうしたことをきちんとご説明いたしますから、簡単な体操と合わせて日々の生活から、痛みや不快感、1歩目の渋りを無くしていってください。
 重力の中で生活している我々は、前後左右にオートマティックにバランスを取っていますから、悪い姿勢は身体にものすごい負担をかけているのです。 
 ですから、いかに『いい姿勢でいるか!』が大切な事なのかの認識がとても大切ですし、『いい姿勢とは?』と言う事が分かっていなければそもそもそうする事も出来ません。 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中