腰痛 2800万人。 8割原因不明?

 3月24日の朝日新聞の記事です。 
 40~60歳代の4割の人が腰痛の悩みを抱えていて、その数全国に推定2800万人と厚生労働省研究班の調査でわかった。
 さらに、腰痛には何がいいのか日本整形外科学会と日本腰痛学会は一般的な治療の信頼度を指針としてまとめた有りますが、この中でそもそも腰痛の8割が原因不明だと言う事で、抗不安薬、抗うつ薬なども有効な治療であるとしています。
 仕事上の不満、人間関係のストレスが腰痛の原因なったり、治りにくくなるから、と言うのは理解できます。 東洋医学的に考えれば、イライラは肝臓を傷めますから、血も汚れ血流が悪くなり筋肉が硬くなると言うのは王道中の王道ですし、西洋医学でも交感神経優位がストレスで長く続けば、血流を阻害すると言うのはよく言われることです。
 しかし、だからこそ、解決に安易に薬に頼ると言うのはどうなのでしょうか?
 確かに、ウォーキングやストレッチなどの運動も勧められていますが、8割原因が分からないのでは、解決方法も8割解らないと言ってるのと同じではないのでしょうか? 
 痛みに対して、抗炎症薬、鎮痛薬が問題の根本の解決でしょうか? 痛みは身体からのメッセージであり、また身体の治癒の過程と言われています。
 イソガイ療法では、股関節のズレにより骨盤が歪み背骨が歪むと、その理論をシンプルかつ明確に説明しています。
 痛みどめなどに関しても以前書きましたが、私は否定してはいませんが、長期に渡り連用することに否定的なだけです。
 痛み止めのおかげでうまく歩けて、快方に向かったと言う症例も有りました。 しかし、それも痛く無く歩けるときにどう歩くかが問題になるのです。
 何で痛みが起こったのか?
 そこの理解がまず大事だと、私は考えます。 
 それは、きちんとご本人もそこから理解しないとまた繰り返してしまうと思うからです。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中