春一番? 春の過ごし方。

 今日は温かいですね。 南風が吹いているので春一番でしょうか? 花粉症がきつい方も多いと思いますが、その方は以前に書いたブログで紹介している、槇佐和子先生の杉の歯を煎じて飲むと6~7割の人に効果が有ると言う方法をぜひお試しいただきたく思います。 私と家内もこの方法で、これまで何度かあった、「これって花粉症?」と言うピンチを、何事もなく過ごせております。
 さて、温かくなると身体もだんだんと冬の身体から夏の身体に向けて準備を始めます。 冬は脂肪を始め身体に色々とため込む季節ですが、今度は貯めたものを身体の外に出して夏の身体に変化してきます。 こうした変化がスムーズに行かないと、生みの苦しみとして体に変調が現れます。 
 『季節の変わり目が一番身体の調子がおかしい』とはよく聞く話ですが、まさにこの移り変わりがうまく行ってないと言う状態だと思います。 またこの変化の滞りは精神的な問題も良く引き起こしてしまうようです。 心療内科の先生が「患者さんがつらいのは、芽吹き時と、落ち葉時」と言われていましたが、どちらも季節の移り変わりの時です。
 ですから、この時期をうまく過ごすと、夏ばてなどもしないで快適に夏が過ごせるようになるので、うまくこの時期と付き合っていきましょう。 そこで、一番にキーワードになるのが、肝臓です。 
 身体から冬に貯めたものが流れ出すと言いましたが、その処理をしてくれるのがまずは肝臓だからです。 ですから、この時期の食べ物にはアクが強い、例えば菜の花、ふきのとう等苦みの強い物が出てきます。 これらは身体の外へ不要なものを出してくれる働きがあるので、やはり旬のものを食べる、と言う事は本当に大事な事なのです
 私のドイツ人の友人は、春はお酒を飲まないで過ごすと言っていましたが、それぐらい気を使っている人もいます。
 そして、当院で行う矯正と体操指導は身体の代謝を良くしますから、肝臓の働きを高めるのはもちろん、排せつ機能も高まりますから健康管理としても最適です。
 院内にも友人でオーストラリア在住のアーティスト、橘 けい子さんの『野川公園の桜』の絵を飾ってお出迎えいたします。
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中