スカートが右に回る…補足・脚を組む癖

 前回書きました、スカートが右に回るのは右の骨盤が前に出るからですよ、というお話をしていましたら『それって、脚を組むのと同じようなクセですね?』とのご指摘を頂きました。
 You are right! そうです。 
 脚を組むのはいけないと、だいたいの人が知っていますが、気が付くと組んでいる。 そんな感じではないでしょうか?
 脚を組むときに上になる脚が骨盤が前に出る脚側と言う事になりますから、スカートが回るのと同じで、骨盤の歪みが原因ということになります。
 一般的には長い脚側の骨盤が前に出ますから、左脚が長い人は左足を上に組みたくなるのが、レギュラーな歪み方となります。
 皆さんはいかがですか?
 しかし、例えば私は以前、右脚を上に組むのが楽でしたが、長いのは左足です。 これは多分に剣道の影響だと思います。
 剣道は常に右足を前に構えていますから、成長期にやったこの動作で右骨盤が前に出るのが癖になったようです。
 ですから私の様に、左骨盤が髙くて、右骨盤が前に出ると言うような複雑な形になるのは大体スポーツなどをやられてる方に多く見られるのです。 
 以前にも書いたと思いますが、脚を組んで座ると骨盤で10度近く、背骨では数度の湾曲が発生しているらしいです。
 ですから『脚を組んだ方が楽になっている方』は、早い時期に股関節を調整して『脚を組まない方が楽』な状態を目指すことをお勧めいたします。
 私も、現在は脚を組むと身体が捻じれるようで気持ち悪く感じるので、脚を組むことは無くなりました。
 脚を組むと言う何げない動作ですが、結局それは身体の歪みの表れなので続けているとドンドンその方向に脱線が大きくなります。 
 我々は自分の筋肉のクセなりにしか無意識では身体を使えません。 自分に必要な矯正の方向に意識を使い身体をコントロールしていく事と、筋肉を作りかえる肉体改造が必要なのです。
 そして、そのどちらも当院の調整と簡単な体操などで、ご自分で出来るようになるのです。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中