片側に生える白髪。  脳梗塞との関係?

よく、頭の片側に白髪が集中して生えている方がいらっしゃいます。
 実は私も頭の右側に多く白髪が生えています。 私の立場からすると,これはちょっと問題ありなのです。
 と言いますのは、実はこの白髪が生えると言う状況は頭部の血流と関係しているからなのです。
 片足が長くなると、その側の骨盤が押し上げられて高くなってしまいます。 そうすると、その上に載っている背骨は反対側にたわむ状態になり、長い脚の反対側の上半身は血流が悪くなると言う事が起こります。
 つまり、例えば私の場合は左足が長いので、右上半身に筋肉の緊張が起きてしまい、その緊張が血流の悪さも右上半身に作ってしまう事になり、、私の白髪は右側に多いのです。
 これは、施術者として自己管理し皆さまのお手本になるように頭の両側均等に白髪をはやさなければと、反省しております。
 (蛇足ではありますが、また同じ理由で私の顔の右側には左側より、シミも多く有ります。 山之内先生の紫雲膏で、左側の薄いシミは消えたのですが、右側のシミは頑固でなかなか消えてくれません)
 このように、足の長さは決定的に身体の偏った緊張と血流に影響を与えるのです。
 問題は白髪だけならいいのですが、こうした偏りで私が一番恐れているのが脳梗塞や脳出血です。 
 身内にも脳梗塞でリハビリ中の者がおりますので、自分も気を付けなければと強く思う今日この頃です。
 私は左脚が長いから、右上半身のトラブルと書きましたよね、ですから梗塞が起こりやすいのは私の場合は右脳になります。 右脳がダメージを受けると左半身に麻痺がおこります。
 この様に身体の歪みは、因果関係がはっきりしているのです。(それでも、人間の身体は色々な歪みのパターンを持っていますから、イレギュラーな歪みの方ももちろんいらっしゃいます)
 以前、元プロ野球の選手が続けてくも膜下出血でお亡くなりになると言う悲しい出来事が有りましたが、その前あたりからさかんに、首や肩の凝りを訴えられていたと聞きました。
 身体は、ありがたいことにだいたいの場合において重大問題が起こる前にサインを出してくれているのです。
 たいしたことないや、ほっとけばどうにかなる、確かにどうにかなる事も有りますが、それでも身体の歪みはそんなに簡単には無くなりません。
 ですから、頭の片側に白髪が集中していると言うような身体からのサインでも、お心当たりの方はお尋ねください。 根本療法とは、この様な症状にもなっていないものにまで対応出来るものをそう呼ぶのですから。
 私も屈伸運動などさぼらずに頑張ります。
 
 
 
 
 

 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中