ハイヒールと身体の関係。

 前回のハイヒールはコルセットと同じ事であると書いた記事からご質問が寄せられたので、少し続きになりますが、書き進めてみたいと思います。
 やはり、女性にはこのあたりのお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいますね。
 それでは、コルセットとはどういうものでしょうか? 腰痛・膝痛経験者の方ならすぐに「筋肉を保護して痛い部位を動かさない様にして痛みを和らげてくれる物」と言うお答えになるのではないでしょうか?
 私も同じ認識を持っております。 それではハイヒールが身体に与える影響とはどういうものでしょうか?
 見た目に、足が長く見えるとか、脚がすらっと見えるなどと言う本来の目的ではなく、あくまでも体に与える影響に関して考えてみると、極端に前荷重にされると言う事です。
 人間の身体の起立時の重心は、足だと個人差は多少あるにしても内くるぶしのやや前側あたりにあると言われていますが、ヒールを履くと完全につま先まで移動してしまいます。
 それは、ふくらはぎの緊張を作ることになります。 これはつま先立ちでしばらく立って見れば皆さん実感できると思います。 さらに、その筋筋膜のつながりで内またにも緊張を作ります。
 ですから、ヒールを履いている方の内または非常に硬くなっています。
 そして、その上に載っている骨盤は起き上がり(ここのメカニズムは少々煩雑なのでここでは割愛いたします)
背筋が伸びるのですが、これはその方の筋肉によってそうなっているのではなく、あくまでもヒールを履いた結果でそうなっていると言う所がポイントです。
 つまり、自分の筋肉で背筋が伸びているのではないから、身体にしなやかさが無く、硬直した状態で一見いい姿勢になっています。 それが、コルセットをまいて背筋を伸ばしているのと同じ状態、借り物のバランスでしかないと言う事なのです。 
 ですから、そんな状態の方が身体が楽だと言う事は、ヒールを履いた状態で身体が固まってしまっていると考えられるのです。 一見すごくいい姿勢でも、遊びが無いために背中を丸めることが出来ない等と言う事が起こるようになっていくのです。
 人間の身体は本来色々な状況に順応してくれるように出来ていますが、ヒールを履き続けることによる身体に与えるデメリットは、 
 ①ふくらはぎの筋肉は第2の心臓と言われるほど、血液を重力に抗して上半身に送り返す大事な働きが有るのに、筋肉が硬ければその働きも鈍ってしまいます。 また、ふくらはぎがつるのもこれが原因。 
 ②太ももの内側には、脚に行く大きな欠陥が有りますから、ここの緊張は血流を阻害し、むくみ、冷えの元凶となってしまいます。 
 ③ ②の冷えは脚の血が心臓まで帰る途中内臓も冷やしてしまい、婦人科系のトラブル(不妊症、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫など)、内臓疾患の原因になります。 
 ④冷えは免疫力を低下させます。 
 ⑤コルセットの様にそれに頼ることにより、自分の筋肉が弱くなる。 
 ⑥外反母趾、内反小趾、モルトン病、巻き爪等の足のトラブルを作ってしまう。などなど・・・・
 ですから、ヒールは必要の有る時に履かれて、お休みの日などはなるべくフラットな底のスニーカーや、はだしで過ごすようにされるなどの工夫をお勧めいたします。
 また、当院ではこうした方の改善のための調整と自己管理のアドバイスを合わせて行っております、ぜひお気軽にお尋ねください。
 
  
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中