モモの外側を叩く方。

信号などで立ち止まってる時や、歩きながらモモの外側をトントン叩いてる方を見かけられたことはないでしょうか? 畑仕事など中腰姿勢で仕事をしていて立ち上がるため腰を伸ばす時腰が伸びきらなくて腰をトントン叩く、あの感じで固まった筋肉をほぐしたい、と言う感じですね。
そういう方を後ろから拝見していると、歩くときに膝が外に向かっていることがほとんどです。
いわゆるO脚ですね。 O脚は腿の外側の筋肉が内側の筋肉に比べて強い、若しくは短縮している状態ですから、モモの外側が疲れて叩きたくなるのは、その証拠なのです。 さらに脚の筋肉の一部しか使えていない状態になっているために骨盤は後ろに引っ張られ猫背になり身体の前側の曲げる筋肉にも緊張は連鎖しますから、脚を引き上げる筋肉も緊張を起こし腿があまりあがらないような歩きになってきます。 (これは、もちろん、重心が後ろにありすぎるためもあります)
 外股、がに股、立ち姿や歩き方には色々な癖が有りますが、いわゆるO脚は太ももの付け根の股関節から始まり、骨盤、背骨の歪みを作る歪みの根っこになります。 
 ですから、モモの外側を叩くのは、無意識でモモの外側の緊張、疲れを取り除こうとしているわけですが、そのサインつまり腿の外側の疲れを、そのままにしておくとそれは猫背に繋がり、その姿勢の崩れは、腰痛、肩こり、膝痛、頭痛、内臓の不調と様々な体調の悪化とつながってしまう危険が有るのです。
 ちょっとした痛みや、不快な症状はその始まりで対処しておくと言うのが、東洋医学でもよく言う『未病を防ぐ』と言う事になるのです。 
 モモの外側叩きたくなったら、モモの外側叩いていたら、是非一度お尋ねください。 
 あ、あと靴のかた減りも外荷重を助長しますから、お気を付け下さい。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中