ぎっくり腰…多発注意報

 年末も近づき何かとあわただしい感じになってきましたね。 最近当院ではぎっくり腰の患者様が増えております。 お話をお聞きするといくつかの共通点も有りますので、皆様のご注意を喚起させていただき、お元気にお過ごしいただくアドバイスとさせていただきます。
 ①寒さ・・寒い日が急に続きましたね。 寒いと身体は体温を逃がさないために筋肉が硬くなります。 最近のはやりで冬でも短パンやミニスカートの女性を多く見かけますが、冬は保温が一番、ファッション2番で。
 また、寒さは体にとって大変なストレスです。 ストレスは肝臓に負担を掛けます。 肝臓は解毒を行ってくれる大事な器官ですから、負担が多すぎると血をきれいにしきれなくなり、身体の老廃物などを掃除しきれなくなります。 東洋医学でも肝臓と筋肉や靭帯の関係は密接であるとしていますが、結局血がきれいじゃないと身体も硬くなっちゃうよと言う事です。
 ②忘年会・暴飲暴食・・・飲む機会が増えますよね。 また冬は食べ物もこってりとしたものが食べたくなるし,美味しいし、①での説明と合わせ技です。 肝臓の負担が大きくなると、触って分かるほど肝臓が張れてきます。   肝臓は大きな器官ですから、周りの筋肉にも影響が出ます。 ウコンは最近有名になりましたが、大根の汁、葛の花などの民間薬もなかなか効きます。 手軽に手に入るのは抑肝散などの漢方薬。 でも、休肝日を作ったり、ゆっくりお風呂に入るのが王道ですよ。 また、座敷でのご宴会では、座り方も大事になります。
 ③掃除や仕事で身体を酷使・・・無理はやめましょう。 掃除は無理せず、少しづつ。 しゃがむ姿勢は間違えると身体に大きな負担を掛けます。 足先と膝先は常に同じ方向に向けて下さい。 礒谷療法では掃除機の掛け方、雑巾の掛け方までご指導いたします。 きれいにして年越しは、理想ですが現実は・・・あ~夏の間に少し家の掃除とかするはずだったのに~今年の夏は暑すぎましたよね。
 身体の歪みは前兆が有るはずです。 普段から自分の身体の声を聴くように心がけ、違和感があればその時に処置すればあまり大事にならずに済むものです。 皆さん元気に年末スケジュール過ごしましょう。
 アディオス。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中