正しく歩くための痛み止め

 以前お通い頂いていたクライアントで、お生まれになった時に股関節が脱臼している先天性股関節脱臼が合った方でした。 脱臼自体は装具により整復して痛みもなく生活されていたのが、いわゆる更年期の時期に変形性股関節症が発症し、歩くのも大変痛むと言う状態の時にお会いしました。
 この方は60歳代前半でしたが、お仕事が忙しく、また職種も立ったり歩いたりなかなかハードなご様子で、お休みもあまり取れないと言うような状況でしたので、あまり矯正にお通い頂く事も出来ず、体操なども出来ないご様子でした。 ですから、ちょっと歩くと痛みが出てしまい、それをかばうから歩き自体が良くなくなり、さらに痛みを作ってしまうと言う悪循環を繰り返されていました。 人間は誰しも痛みがいやですよね。(じゃない人もいるようですが、一般的には・・・)そして、それは身体の生理的な反射も自然に発生させます。 と言いますのは、だいたいの方は股関節周辺に痛みが有ると鼠蹊部(そけいぶー股関節の前面部分)を引いてしまいますが、これが股関節をさらに捻じってしまい、痛みの原因になってしまうのです。 ですから、この方にも歩き方のご指導をさせて頂いていたのですが、やはり痛みに対する恐怖感で、どうしてもうまい歩きが出来ませんでした。 しかし、ある時矯正をさせて頂こうと脚を持ち上げると(矯正の時は仰向けにお休みいただき、私が膝を曲げて持ち上げる形になります)、いつもの筋肉の捻じれをあまり感じません、アレッと思い「矯正の体操たくさんやられましたか?」 とお聞きすると、「いいえ、体操はいつもどうりだけど、整形外科でもらった痛みどめ飲んでみたの、いつもは胃がやられるから飲まないんだけど、仕事が忙しくて痛みが強いから飲んだのよ」とのお返事です。
 そこで、お立ちいただき、歩きを見せていただくと、練習してもうまく出来なかった、股関節に捻じれを作らない歩き方がしっかりと出来ていたのです。
 痛み止めのおかげで、痛みが無いために、あれほど練習してもうまく出来なかった歩き方が、きちんと出来ていらっしゃるのには、なるほど~と考えさせられました。 つまり痛みが無いからいい歩きが出来、いい歩きがさらに痛みを無くすと言う好循環を作ったのです。
 問題の解決にならない薬の使用はなるべく減らさないといけないと(薬は主作用に対して副作用が有るために、長期間にわたって使用するのは問題を複雑化したり別の問題を作ってしまう可能性が有るためです)盲信していましたが、こういう使い方なら、かなり前向きな使用方法と言えるのではないかと思いました。  一人一人の痛みは数値化できるものでもないので比較のしようが有りませんが、 痛みに対する感覚と言うのにも個人差がかなりあるのではないかと感じます。 ですから、根本的に問題を解決しようと思っても、時にはこのように薬や、対処的な処置もうまく合わせてその方に合った方法を選んで使っていくと言うのも一つの方法かなと思いました。 しかし、それらの対象的な処置はあくまでも一過的な処置で、基本は根本療法と言うスタンスは変えられません。 やはり、痛みは我々に、歪みや問題を教えてくれている訳ですし、痛みはそれ自体が問題に対する身体の治癒であると言う側面もあるそうですから、痛みのある必然を理解し、その痛みのおおもとを解決していきましょう。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中