月別アーカイブ: 10月 2012

軽度の発達障害の子へのアプローチ 豊かな成長を目指して 8 栄養 寝起きが良くなりました。

 私の長女には発達に障害が有ります。 このブログでも色々と、発達障害に対する治療的アプローチの事を書いてきましたが、最近新たに手ごたえを感じたことが有りましたので、書いてみたいと思います。 それは、栄養学からのアプローチです。 私も以前から、可能性の有りそうなものは色々と試してきましたが、どれも効果をはっきりと感じることが出来なくて、やめてしまっていました。 核酸、糖鎖、ビタミン類、特殊な水中にはネットワークになっていてなかなかいいお値段のものもありました。 もう少し続ければよかったかも?と思うものも有りましたが、やはり半年、一年続けて、はっきりと効果を感じれないとあきらめてしまいます。 今回は、栄養学で時々教えを頂いています、吉祥寺のサプリ屋さん,ナカミチ通りにあるヘルスゲートの長田先生にアドバイスを頂いたのです。 長田先生曰「本当に体に合っていたら、1~2週間飲めば何らかの変化が見えるよ」と言うお言葉と、それぐらいのサンプルを頂けるので、安心して試してみることが出来ました。 
 お奨めいただいたのは①朝鮮人参ローヤルゼリー ③DHEA プラセンタ の4種類でした。 効果などはそれぞれリンクを見ていただくとして、結果を先に申しますと、プラセンタでした。 (人参は結局まずくて飲めないとの事で断念しましたが、あまりに口なわないと言う事は、多分身体も望んでいないと判断しました) 今までのサプリ等では、本人からそれらについてコメントは、まったく有りませんでしたが、今回のプラセンタに関しては「飲むと身体が温かくなり、気持ちが良くなる」と、本人が言うので、おどろいてしまいました。 そこで早速長田先生に1瓶注文させて頂きました。 それから通算で2~3週間飲んでると思いますが、1番はっきりと変わったな、と感じるのは『寝起きの良さ』です。 彼女は、夜はきちんと早く寝ても朝どうしてもぐずぐず言い、パシッと起きることが苦手なのですが、最近はサッと起きることが多くなってきました。 朝苦手なのは、血圧とか習慣からくるものと漠然と考えていましたが、こうなると身体が弱いために疲れが取れきれてないために起きれなかった、と言う事も有るんだなと、考えさせられました。 人によって多分足りてない栄養素はマチマチだとは思いますが、『叩け、されば開かれん』と言う言葉どうり、現状の医学で打つ手なし、と言われても様々なアプローチをした方がいいなと考えています。 とくに子供は先が長いのですから、ほんのちょっとの差、変化でも先々それがどういう風に枝を広げるか分かりませんもんね。
ですから、現時点2012年10月30日の時点で、彼女の発達障害にお対する継続的なアプローチは、今回紹介させていただきました、①プラセンタ②礒谷療法③シュタイナーのオイリュトミーになるでしょうか。 発達障害と言っても症状や程度も様々だと思いますが、身体の歪みが気になるようであれば一度ご相談に来てください。
 

広告