跛行・・びっこの矯正

 礒谷公良先生は跛行、いわゆるビッコの研究からイソガイ療法を発見、発明されました。 ビッコと言う言葉は差別用語になっているので、本来使う言葉では有りませんが、跛行(はこう)と言っても分からない方が多いと思いますので、ご気分悪くされる方もいらっしゃるとは思いますが、どうぞお許しください。
 先生は、小児麻痺や脳卒中の片麻痺の後遺症でビッコになっている方々の脚に鉛で印をつけてレントゲンを取り、足の長さに左右差が無いにも拘らず、どうしてビッコになるのかと研究し、ついに股関節の転位、つまり全ての角度に動いてしまう股関節の角度に注目し、そのメカニズムを解明されたのです。
 詳しくは話がややこしくなりますので省きますが、要は股関節を矯正すれば、ビッコを治せると言う事を発見したのです。 脚の左右に長短差がつきやすい疾患には、変形性股関節症、ペルテス氏病、先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全などの股関節そのものの疾患、また小児麻痺の後遺症等が有ります。
 当院では、イソガイ療法による保存治療を行い、病状の進行を止めて、痛みや違和感の喪失をめざします。 また、少しでも左右脚の長短差を無くし、2次的な問題、骨盤の高低差による腰痛、肩こり(これは脚の左右差の問題と杖の使い方などにも問題が有る場合が有りますから、杖の使い方のご指導も致します)、内臓疾患などを解消、または未然に防ぐことを目標にいたします。  特に股関節疾患からくるビッコの場合は、特に歩き方や、靴の選び方で症状を悪化させている方も多く見受けられますから、しっかりと説明させて頂いております。 手術までの保存療法、手術はしたくない、手術したけどあまり調子よくない、様々な方にお会いしてまいりました。  その方その方の求める形での矯正、アドバイスを心がけてまいりますので、一度相談してみてください。 
 
 

広告

跛行・・びっこの矯正」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。
    よろしくお願いします。

    昨年、11月下旬に、股関節の
    コツ切り手術を受けました。

    五ヶ月の入院で、杖歩行となり、
    退院後、低周波などで、安静時やいつもある痛みなども、軽減しました。

    家の中、少しは杖なし歩行ができますが、跛行、びっこが酷く、ドクターは
    少しびっこと言われますが

    後、この問題を解決できれば、
    私の中で手術はしてよかったと
    思えます(笑)

    どうか、治る方法を
    よろしくお願いします。

    いいね

  2. ガメラ様
    こんにちは。
    はじめまして。
    置換手術では無く、骨切り術と言う事は、関節の可動性もお有りになり、年齢もお若いのでは
    無いかと思われますが、大腿骨骨頭の向きは変わっても、手術では筋肉のクセまでは治せ無いようです。
    ですから、股関節周りの得意な筋肉(多分内に捻じれるような働きの筋肉とか)に引っ張り戻されてしまうと言う
    事になりかねません。
    そのためには、ご自分の弱い筋肉、強い筋肉、それによる日常生活の習慣などを修正し、うまくリハビリをする必要があると思います。
    イソガイ療法を中心にした当院の体操、歩き方はきっとお役にたてると思います。
    ただ、お身体の状態を拝見しないと具体的なアドバイスはなかなか出来かねます。
    お住まいはお近くでしょうか?
    お近くなら是非お尋ねくださいませ。
    遠くにお住まいなら、具体的に年齢、お身体の状態教えてください、出来る事のアドバイスをさせていただきます。
    どうぞお大事になさってください。
    かも

    いいね

  3. 返信ありがとうございました。

    退院後、ご指導頂いているPTの先生が、「他の患者さんの稼働域はどうでしたか?」と聞かれる位、
    内転が、5〜7度、と悪いようです。
    屈曲も、代償運動を含み、70度位。
    左も、術足の右をかばうせいか、鼠蹊部に痛みが時折、出ます。
    四国と、遠いですが、一度、見ていただければ、嬉しいです。
    入院中に、抜釘にいらしていた橋本にお住まいの患者さんは、ほとんど跛行はなく、地元の同じ病院で受けた患者さんも、綺麗です。
    予約方法などお願いいたします。

    ただ、少しづつ良くなっている感もあります。無痛、通常歩行を到達点にしている所もあります。
    よろしくお願いします。

    いいね

  4. ガメラ様
    返信ありがとうございます。
    四国ですか。 遠いですね。
    ご来院のご予定ありがとうございます。
    ご都合のいい日程を教えていただければ調整させていただきます。
    なるべく長くご滞在いただければいいのですが、可能な日数を教えてください。
    (はじめは体操なども安定して取り組むのがなかなか難しいのでできるだけ長い方がいいのです)
    体操などを正確に覚えていただき、自己矯正していただければ、もっと安定してくると思います。
    また現在の状態を教えていただければ、アドバイスできることあるかもわかりません。
    ①左足に変形はおありになりますか?
    ②内臓疾患は有りますか?
    ③外反母趾、タコは有りますか? あるならどちらの足のどこですか?
    ④今までひざ痛は有りましたか? あったならどちらの足のひざのどのあたりでしょうか?
    プライバシーにもかかわることなので、よろしければHPのアクセスからメールでご返事いただいても
    結構です。
    お大事になさってください。

    鴨下

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中