自転車通勤で身体のトラブル?  

 以前、自転車通勤で腰痛を起こした方の症例を紹介したことが有りましたが、膝痛や首痛を起こされた方もいらっしゃいました。 膝痛は太ももと、脛との骨が合わさる膝関節でその合わさり方が悪いために起こる症状です。 私もチャリ通勤をしていますので、前を走る人を観察してしまいます。 足先が開いている人、閉じている人。 膝が外に開く人、内に閉じる人。 骨盤が左右にかしいでいる人。 これらのクセが左右で違う場合、左右揃って起こる場合。 これらの事が組み合わさって、自転車での身体のトラブルのベースは発生しているのではないかと思います。 (結局これらの身体のクセは、歩行の時と同じものなのですが、体重がかからないだけ、歩行よりは負担が少ないと言えますが、逆に関節が緩みやすく、長い時間こぐ場合等は関節などが割とゆるい人がトラブルを起こしやすいと言えるのかもわかりません)
 ベースと言うのは、さらにこれらのクセの他に自転車の形状により骨盤、背骨の状態がプラスされるからです。 例えば、ロードタイプの自転車は身体が前傾し1本の軸を形成しますが、それほど前方確認の必要が無いような交通量が少ないところではいいのでしょうが、街中では前方の確認のため常に首を起こさなくてはならなくなるために頸椎が過前弯してしまうケースが見られます。 背骨の湾曲は、生理曲線なりに前後のバランスが形成されるので、首の過度な前弯は胸椎(胸のあたり、肋骨のついてる背骨)の後湾と連動しやすくなり、いわゆる猫背を助長します。 (このタイプの首の痛みは、コンピュターの作業などによる、顔を前に突き出すような身体の使い方と同じで、始めは何となく首が凝るような感じから始まり、寝たときに高い枕が無いと寝苦しくなったり、あおむけ寝がきつく感じたりします。 そして、痛みはだんだんきつくなり、いつも首が重苦しいとか、頭痛が起こるようになってきた、と言う方もいらっしゃいます。 また、何個も枕を買ったけどなかなか合う物が見つからない、と言うお話も良く聞きます)  ロードタイプで以外でも、自転車をこぐ姿勢で、かなり猫背になってらっしゃる方も多く見受けます。 さらに猫背は前肩を作ります。 前肩の弊害は以前にも書きましたが、上半身の主要な筋肉はほとんど肩関節にくっついていますから、肩首の問題だけでなく、様々なトラブルの原因になります。 例えば肘痛、腱鞘炎、ばね指、へバーデン結節、ガングリオン、手首の痛み等等の腕のトラブル、さらには、頭痛、目、耳、鼻等頭部のトラブルです。 自転車のハンドルは上から握らざるを得ないので、前肩になってる方ですと、筋肉の歪みを肘で逃がさざるを得ないので、どうしても肘が外へ張りやすくなり、その格好により、さらに胸の前側の筋肉に緊張を作ってしまうのです。      
  

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中