月別アーカイブ: 6月 2012

正しい体の使い方? 野口体操、バガボンド、礒谷療法

 私の行っております、礒谷療法は身体の中から根本的に変化させていきます。 そのために、股関節を起点に操作を行っています。
 その股関節周辺の筋肉の部分を変化させるのが動的な力学矯正と言われる、股関節の角度矯正、膝押し。 靭帯を変化させるのが、静的な力学矯正と言われる、座布団矯正、腰枕矯正だと思っております。 ですから、どちらの矯正もピタッと的確に行われなければ、効果が薄くなってしまうと感じています。 続きを読む

広告

ビッグイシュー(The Big Issue Japan)を読んで

 この本の事は、以前お客様にお聞きして知ってはいましたが、ホームレスの問題などに関しての知識が乏しく、カンパ等するならWWFやユニセフ、あしなが育英会などと思っていましたので、手に取ってみようとしませんでした。 しかし、数か月前に私の好きな『神との対話』と言う本の著者の自伝映画をDVDで観る機会がありました。  続きを読む

拮抗する筋肉 例 外反母趾

 股関節の周りの筋肉を見てみましょう。 股関節は、大腿の骨と骨盤とが繋がるところです。 股関節は全動関節と言い、全ての方向に曲げることが出来る機能を持ちます。 脚を外に開く外転、脚を内に閉じる内転、脚を外に捻じる外旋、脚を内に捻じる内旋、脚を伸ばす動きを伸展、脚を縮める動きを屈曲と言い、それぞれの動きを作る筋肉がペアーになり、バランスよく配置されてる訳です。  続きを読む

斜視 内斜視・外斜視

 写真などを見ると、時々目玉の位置が外に寄ったり、内に寄ったりと言う方を見ることが有ります。 実際、動いていると目玉もいつも動いているので、よくよく見詰め合ってお話でもしないと目玉が少し寄ってるぐらいでは気になることはないと思います。 礒谷療法を創始された礒谷公良先生は患者様と真っ直ぐ向き合い、よく研究されたんだな、とつくづく思いますが、この目玉の転位もそうした先生の発見の内の一つです。 続きを読む

お客様の声 2  頭痛

A様 男性 50代
 僕は、歯の矯正治療後の頭痛で悩まされていました。 フェイスブックのお友達のお友達の歯医者さんの紹介で、鴨下療法所の鴨下さんを紹介していただきました。
 夜も眠れないほどの頭痛で悩まされていたのが、初回の治療を受けて後、嘘のようにピタッと、頭痛が止まりました!! 続きを読む

お客さまの声 1

 佐々木頼子様(仮名) 50歳 女性
 今まで病院のお世話になったことが無い体でしたが、ある日突然、決定的な完治法はないものとされている自己免疫疾患系の厄介な病気になってしまいました。
 良い健康療法を探していた時、普通の整体と違って根本から治すことが出来ると言う礒谷療法を、友人の紹介で知りました。 続きを読む