股関節がはずれた? 股関節の音

 脚を動かしている時など『ゴクッ』っと、股関節が音を出す時が有ります。 クリック音と言う、手の指などを鳴らすのと同じような現象だと思いますが、股関節は大きい関節なので、音も大きいので始めてその音を聞いた方などは驚く事も有るようです。 これは、ある一定の動く範囲を超えた場合に関節内の液体が気化するための音で、矯正中も時々この音がする時が有ります。 通常はこの音がしたからどうと言う事はないのですが、何例か股関節がずれたケースをご紹介いたします。
 1、柔道の練習中に一本背負いで投げられた後に100キロを超える巨体の相手が自分の右足の上に倒れこんでしまい、その瞬間『バキッ』っと言う音とともに激痛が走り、しばらくまともに歩けなくなった。 病院で検査をしてもらっても、特に骨折など骨に異常がないため捻挫ぐらいの扱いで、湿布薬と痛みどめが処方された。 少しずつ痛みは軽減したものの、完全に痛みが取れないと言う状態が何週間か続いた。 この方はお身体を使うお仕事の方だったため、休暇を取り集中的に取り組まれたために1~2週間位で、ある程度痛みも取れたと記憶しております。
 2、3年前に信号で立って待っている時に、左股関節が『ゴクッ』となり、いつも違和感があるようになってしまった。  この方は、いつも左脚に体重を掛ける癖がおありになり、しかも脚が内に捻じれるクセ(内旋)が強かったために、股関節が内に強く捻じれこんでしまったような状態になっていました。 脚に回旋のクセが強い方は縛って眠るのが窮屈で、苦手な方が多いのですが、この方もやはり縛るのが嫌なため、矯正と、屈伸運動、矯正動作で治していく方針で現在も取り組まれております。 3回目の矯正後、脚の真っ直ぐ感が出たとの事でした。
 3、床にお尻を付け座ったかっこで、脚の裏を付け、膝を床に着けるストレッチをされていて、やはり股関節が『ゴクッ』で股関節に痛みと、つまり感が残ってしまっている。 最近太極拳を始めたら、膝などにも痛みが出てしまった。 状態としてはやはり股関節の開きすぎとうち捻じれが原因と判断しました。 つまり感のある開きすぎの股関節は少々時間がかかると思います。 この方も3年ぐらい過ぎているので、癖が強くなっているようです。  いずれにしましても、股関節から音がして、痛みや違和感が有ればなるべく早めに矯正に取り組まれた方がいい思います。 身体の基礎部分に歪みが有れば早晩ほかの部分にも影響が出ることが懸念されるからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中